「スカイダイビング中のインストラクターの裏切り」の意味を考察、歌詞もまとめた

スカイダイビング中のインストラクターの裏切り

あべりょう作詞作曲の『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』が、その過激な内容がゆえ話題になっています。今回はその歌詞をまとめるとともに、児童虐待をテーマにした曲が何故『スカイダイビング中のインストラクターの裏切り』という曲名になったのか、その意味などを掘り下げていきます。
 

あべりょうの「スカイダイビング中のインスタラクターの裏切り」が物議をかもす

2018年6月現在、児童虐待をテーマにした曲「スカイダイビング中のインストラクターの裏切り(作詞作曲:あべりょう)」が、YouTube広告としてあらゆる動画に表示されます。おそらく当該広告は、YouTubeに金銭を支払い出稿されているものだと思いますが、その内容があまりにも過激であると物議をかもしています。

スカイダイビング中のインストラクターの裏切り▼

 

この広告の内容は、児童に対する性的虐待、暴力による虐待などの現状を訴え、虐待の事実認定があったとしても児童が保護されていない日本の実態を痛烈に批判する内容になっていますが、その表現があまりにも生々しく、実際に児童虐待の被害に遭った方からは「嫌な記憶がフラッシュバックする」との声も多数上がっています。

 

「スカイダイビング中のインストラクターの裏切り」の歌詞

では、その生々しい表現とは一体どのような内容だったのでしょうか。以下に歌詞を載せておきますので、自己責任での閲覧をお願いいたします。

性的虐待 4つの被害は 見られて触られ入れられ売られ
百人に一人 女の子の膣 実の父親の挿入歌
性的虐待 被害女子の数 5万人超えで 通報千人
通報されても 逮捕は百人 刑務所行くのは15人

スカイダイビング中のインストラクターの裏切り
スカイダイビング中のインストラクターの裏切り

キミが自分のコトを大切だと思えない訳はコレだよ
キミの背中のメインパラシュートが開かない
親が子供のコトを大切だと思えない訳もコレだよ
キミの背中の予備のパラシュートも開かない 開かない

激しく揺さぶり やけどを負わせて 首を絞められて 溺れさせられ
家に閉じ込める 食事を与えず 自動車の中に放置する
児童虐待の 被害者の数は 百万人超え 通報10万
通報されても 逮捕は千人 誰も刑務所に行きません

スカイダイビング中のインストラクターの裏切り
児童虐待防止法の裏切り

キミがどんなに虐待通報ダイヤルにかけても無駄だよ
長すぎる音声ガイダンス待ちくたびれる
例え児童相談所が現地を訪問したとて無駄だよ
児童相談所は滅多な事で保護しない

例え虐待が証明されても親は刑務所に行かない
児童虐待防止法 罰則 規定がない 救えない

 

「スカイダイビング中のインストラクターの裏切り」の意味とは?

さて、当該広告は児童虐待をテーマに作られた曲ですが、「スカイダイビング中のインスタラクターの裏切り」という曲名との関連性がイマイチ計り知れません。何かそういった事件があったのかと気になったので、調べてみることにしました。

その結果、スカイダイビング中に性行為をしたお馬鹿カップルのニュースなどはありましたが、痴漢、セクハラ、虐待などに関するものはありませんでした。

 

そこで、曲名と歌詞の関連性を推測することにしたのですが、

素人が行うスカイダイビングは、インストラクター同伴でなければ死に直結します。インストラクターに命を預け、信頼することが必要になるわけです。つまり守るべきものがその責任を放棄すれば、死に値するような結果になってしまう。

ということを訴えたかったのではないかと感じました。(インストラクター)=(親)に置き換えてみると、なんとなく意味が見えてくるような気がします。

 

児童虐待の実害を受けた方から悲痛の訴えが続出

当該広告は児童虐待の現状、そして児童虐待に対する社会の現状を訴えた内容になっていたと思いますが、やはり実害を受けた方にとっては精神的にキツいワードが多数使用されており、ハードなものになっていました。

そんな児童虐待被害者の方からは、悲痛の訴えが続出しています。

Aさん

これが広告で流れてきたことによって、フラッシュバックがおきました。思い出したくないことを思い出してしまいました。 すごく気分が悪いです。

1回だけならまだしも、2回3回と流れてきて、トラウマが蘇ってきて震えが止まらなくなっただけでなく、気絶して倒れるなどの症状も出ました。

この曲を歌うなとは言いませんが、大人から子供、色々な事情がある子や人が多く見ているこのYouTubeで広告のとしてこの曲を流すのはおかしいと思います。

これで、せっかく落ち着いていた子が、トラウマが蘇って病院通いになったりしたらどうするんですか? 責任を取って頂けるのでしょうか?

お願いなので1番初めの、〇的虐待 という言葉をモロに出すのはやめてください。

ほんとにトラウマなんです。

Bさん

虐待受けてるのわかってもみーんな見て見ぬフリ。相談ダイヤルなんかカウンセリング気取りではいはいそーなんだねー(笑)でおわり。

テレビで親が逮捕されてるのが流れるけどそんなもんほんの一握り分にしかならない。

虐待受けずに幸せに生きてる人には分からない皮肉だね。ほんと。

そのままぜひお花畑で生きてください。

 

あべりょうによる曲とメッセージの矛盾

「スカイダイビング中のインストラクターの裏切り」では、児童相談所に相談しても無駄ということが述べられていましたが、気になったのは広告最後のメッセージ。

スカイダイビング中のインストラクターの裏切り

 

この矛盾にどういった意図があったのか、様々な意見が飛び交っています。

児童相談所は全然守ってくれないみたいなこと言ってるくせに、最後らへんで虐待に気づいたら児童相談所に連絡をとか何が言いたいんですかね
「児童相談所は滅多な事で保護しない」って歌詞にあるのに、最後に「もしも、虐待に気づいたら児童相談所に連絡を」っておかしくないですか? 滅多な事で保護してくれないし救えないのに連絡しろと…???
児童相談所は何もしてくれないんでしょ?「児童相談所に連絡を」ってすごい違和感。最後のメッセージは「児童虐待防止法を変えよう!」とかの方が良かったんじゃないかな

 

このメッセージに込められた意味は、おそらく児童相談所への皮肉か、もしくは「相談しないよりはマシ」ということだと思いますが、明確な説明がない以上やはり矛盾が気になってしまうものです。

 

賛否両論分かれる動画広告になっていたとは思いますが、個人的な感想としては、実害を受けた方の精神的苦痛を鑑みると、万人が見るような広告として流れるのは如何なものかと思います。




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の、顔出し声出し無しで、YouTubeで月10万円を稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルのデータも公開していますので興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出し無しでYouTubeで月10万円を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

よく読まれている記事はこちら!


あなたにオススメの記事はこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ