ヘタレビーボーイとは?YouTubeを始めるまでのルーツに迫る

YouTubeでHIPHOPやB系ファッションの普及活動をしているヘタレビーボーイをご存知でしょうか。現在は「ヘタレ」と自虐のように言っていますが、実は過去にレコード会社に所属し、「KP」というグループでアーティスト活動をしていた実績を持っています。

ヘタレビーボーイ

 

2011年からYouTubeに参加し現在に至りますが、まだよく知らない方もいるのではないでしょうか?ということで、ヘタレビーボーイの「ルーツ」を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヘタレビーボーイ プロフィール

 

ヘタレビーボーイ プロフィール

本名:李 育鉄
ニックネーム:ヘタレビーボーイ
生年月日:1982年1月18日(現33歳)
出身:東京都
身長:165〜170cm
血液型:B型
最終学歴:立教大学法学部法学科(4年以上留年)
職業:YouTuber,ラッパー
総再生回数:約1千万回(2015/2/17時点)
チャンネル登録者数:約5万7千人

YouTubeチャンネル(HetareBBoy)

Twitter

facebook

Google+

 

スポンサーリンク

ヘタレビーボーイのKP時代について

 

ヘタレビーボーイは、今でこそYouTubeを拠点に活動していますが、以前は「KP」という2人組ユニットでレコード会社に所属し、アーティストとして活動していました。

現在は解散してしまったようですが、彼のルーツはここにあるような気がします。

 

KPとは?

 

ヘタレビーボーイ KP

2002年に結成されたFuni(フニ,左)とLiyoon(リユン,右)から成るラップユニット。

KPというユニット名には、在日というマイノリティであること、ルーツは韓国であることを誇りとして「Korean Power」「 Korean Pride」「Korean People」 という意味が込められている。

2005年4月にレコード会社との契約が切れてからは、自分たちでインディーズレーベル「PK RECORDS」を設立。設立後は主にストリートなどでのライブ活動に励む。

 

KPでの活動について

 

ヘタレビーボーイは立教大学に在籍していましたが、在学中の2003年10月8日にデビューシングル「NEVER LAND」をリリースしたことで、大学にクローズアップされ、インタビューを受けていました。

その時のインタビューの内容が以下になります。

―KPとして活動してきて嬉しかったことはどんなことですか。

「Newsweek」等に出て世の中に少なくとも何かしらの刺激を与えられたことと、そして少しずつなのですが、一歩ずつ自分の信じている方向に進んでいると確信できたことです。
それから、人に「感動」 してもらえた時は心底嬉しいです。

―KPの歌を通じて伝えたいことは何ですか。

いろいろあるので一言で言うのは難しいのですが、一番は自分の存在です。自分のしてきた経験や思想を伝えることによって、相手にもその人自身の存在を考えてもらえるような、そんな音楽を作りたいです。

―KPとしての、そして李育鉄さん個人の目標を聞かせて下さい。

KPとしては、コリアンをはじめマイノリティであること を個性としてお互いが認め合えるような社会に日本をするためのきっかけ作りをしたいです。自分は日本を変えたいと思っています。まだ、日本って閉鎖的だと思うんです。外国人をはじめとしていろいろな人がいるのを個性の一部として見るようになって欲しい。KPがメジャーになることで、存在を意識してもらい、いずれは日本人と在日コリアンがお互いを尊重しあい、認め合えるようにしたいんです。
同様に、コリアンの考え方も変えたいんです。男尊女卑とか、国際結婚反対とか、何にも根拠がないのに否定や反対をする。「国籍」イコール「民族」ではないんです。どんな国も多民族社会ですよね。これからの時代、考え方を変えていくべきだと思うんです。
だから自分がコリアンとして、日本の代表になりたい。 まだまだ僕は何万人に1人の人間だと思います。だから李育鉄個人の目標として、「65億に1人」の存在になりたいです。
まず、そのためには、自分を変えたいと思います。

出典:RIKKYO CLOSE UP Vol12-立教大学公式ホームページ

 

相当肩身の狭い思いをしてきたのか、アイデンティティーに対して並々ならぬ意志を感じますね。

 

KP時代の楽曲や動画

 

YouTubeを見ていると、ヘタレビーボーイがKPとして活動していた時代の動画や楽曲が投稿されていました。以下の楽曲や動画を見れば、現在のヘタレビーボーイがどのような想いで音楽活動をしているのか分かるかと思います。

根無草/KP

ピエロ/KP

いくおとせいくん/KP(アルバム)

Liyoon(ヘタレ)のMCバトル動画

Liyoonのフリースタイル動画

Funiからのメッセージ(価値観やルーツなど)

KPのドキュメンタリー

 

上記のYouTube動画の中でも、特に気になったのがピエロという曲でした。曲の内容は、「担当プロデューサーに捨てられた、騙された」といったようなものでしたが、おそらくレコード会社を辞めて自分たちで設立した訳もここにありそうですね。

憶測ですが、平井堅のプロデューサーということは、松尾 潔(まつお きよし)に対してのメッセージのような気もします。

松尾潔

 

松尾潔と言えば、Xファクターでも審査員をつとめるほどの有名プロデューサーですが、KPはこの人のもとで音楽活動をしていたのでしょうか。KP時代のホームページなどは全て削除されているので、ネット上ではそのように言われていてもソースがないんですよねー。

 

ヘタレビーボーイとしてのYouTube活動

 

YouTubeを始めてからは、完全にヘタレキャラとして動画配信をしていますが、上記でも言ったように元々は「何かを変えてやろう」という、どちらかと言えばヘタレとは真逆の活動をしていたんですね。

まぁ現在でも自称「ヘタレ」とは言っていますが、HIPHOPやB系ファッションの文化や良さを伝えたり、日本語ラップやフリースタイルの良さを伝えたり、KP時代に比べればギラついた感じはなくなりましたが、表現の仕方が変わっただけで一貫した軸みたいなものがある人ですよね。

何を隠そう、管理人も高校時代はストリートダンスに全ての青春を捧げましたし、現在も趣味がスケボーの大分アングラ寄りの人間なんです笑。なのでこういった文化が日本では全く受け入れられないのも知っていますし、笑われるのも知っています(´Д` )

 

余談は置いておいて、、、、

今後も持ち前の熱い気持ちで良いモノを造っていって欲しいですね。

最後にヘタレビーボーイの楽曲を置いておきます。

【GAMUSHARA】

【FLY TO THE SKY】

【即興ラップ】

 

あっ!言い忘れていましたが、彼が英語ペラペラなのは中学・高校とイギリスで生活していたからですよー。

スポンサーリンク




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の、顔出し声出し無しで、YouTubeで月10万円を稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルのデータも公開していますので興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出し無しでYouTubeで月10万円を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

よく読まれている記事はこちら!


あなたにオススメの記事はこちら!

7 Responses to “ヘタレビーボーイとは?YouTubeを始めるまでのルーツに迫る”

  1. 匿名 より:

    ヘ☆タ☆レ

  2. […] ヘタレビーボーイとは?YouTubeを始めるまでのルーツに迫る […]

  3. 匿名 より:

    松尾潔ではありませんよ。当時KPの面倒を見ていたのは違う方です。平井堅、K、orange pekoeのサウンドプロデュースしてた方です。

  4. 在日3世 より:

    コイツ在日だからどうこう言ってやがる!
    マイノリティとか関係ないだろ!
    レイシストは大嫌いだが、在日が嫌われる原因を作り出す在日も大嫌いだ!
    世間は集団を見ているからな!
    お前の発言が在日のプライドを傷つけているんだよ!
    世間に助けを求めるんじゃない!
    世間に評価されるようになれ!

    • 大和民族 より:

      いい事いうね。
      ボクのまわりには在日の人たくさいるけど、みんなそう思ってるんじゃないかなぁ。

  5. 名無しようつべさん より:

    キモイ
    帰れよ

コメントを残す

このページの先頭へ