NewTuber

お前らヒカキン(YouTuber)のこと舐めすぎだろって話。

どうも、最近旅行にハマり更新をさぼりがちな管理人ヘイキーです。

旅行中もしっかりとYouTuberの動画は欠かさず閲覧していました。そこでふと思ったのですが、YouTuberが注目されているのは紛れもない事実ですが、その反面、蔑まれたり誰でもできるなどと中傷されている場面をよく見かけます。

正直、管理人は毒舌などと言っていますが、YouTubeで稼いで生活していくことの大変さは痛いほど分かりますし(YouTuberではありませんが笑)、誰でもできるなどとは微塵も思っておりません。

むしろ選ばれた人間しかできない職業であり、尊敬もしています。

ブログを書く上で様々なYouTuberについて調べたり、動画を見たりしていますが、それらの行為を重ねれば重ねるほど上記のような思いが増大していくばかりです。

YouTuber

 

さて、なぜこのようなことを急に書いているのかと言われれば、特に理由はありません。ただし、このブログも1日の閲覧数が1万を超えるようになってきたので、微力ながらも力になれればと思ったからです。

そういう訳で今回は名実ともにYouTuberのトップを走るヒカキンを例にとって、『YouTubeとテレビタレントの違い』や『ヒカキンの優れている点』『今後のYouTuberのあり方』などを完全に管理人の個人的意見で記事にしていきたいと思います。

論文のように画像やアクセントなしの味気ない文章になりますが、興味があれば最後まで読み進めてみて下さい。

スポンサーリンク

YouTuberとテレビタレントの違い

 

最近よく目にするのが、テレビタレントや芸人とYouTuberが比較され、蔑まれているパターンです。

結論から言いますと、比較対象になりません。スキーとスノーボードの関係性のように似たような事をしていても全く異なるからです。

スキーの滑り方をスノーボーダーに強要してもはてなマークが飛ぶだけです。それと同様にテレビタレントの優れている点やあり方をYouTuberに強要したところで意味がないんですね。

例えばこの動画を見てください。

※動画は削除される可能性があります。

 

有吉さんが、YouTuberに対して『こんなのが面白いんだ』という発言とともに、『昔のからくりテレビみたいだね』と言っていますが、有吉さん他テレビタレントがそのようにYouTuberを軽蔑するのも理解できます。

というのも、テレビタレントとして活躍し続けるためには血の滲むような努力と才能が必要でしょうから、有吉さんから見て「つまらない動画」ばかりを投稿し続けているYouTuberがテレビタレントレベルの金額を稼いでいるという事実には怒りを覚えるほどでしょう。

当然、YouTuberがテレビに出たとしても淘汰されてしまう可能性は非常に高いかと思います。しかし、逆も然りです。

テレビタレントがYouTubeを媒体として情報を発信したとしてヒカキンを越えられますかね?

おそらく無理です。

それは先ほども言ったようにフィールドが違うので、テレビタレントはテレビに、YouTuberはYouTubeに特化しているだけなんですね。

さらにヒカキンの場合では、一部のユーザーには「つまらない動画」になりますが、また一部のユーザーには「非常に面白い動画」になります。

つまり、有吉さんの言う「こんなのが面白いんだ」という発言は全くもって検討違いなんですね。現に管理人はヒカキンの動画に対してクソつまらないと感じていますが、従兄弟(15歳)はヒカキン信者です。

このようにターゲットや媒体が異なるわけですから、テレビとYouTubeを比較しても堂々巡りになるだけなんですね。

要は有吉さんはテレビのプロでヒカキンはYouTubeのプロってだけの話です。

現にテレビで活躍しているタレントや芸人でYouTubeを活用している方もいますが、チャンネル登録者数1万に到達していれば良い方で、ヒカキンの足元にも及んでいないのが現実です。

スポンサーリンク

ヒカキンはなぜ優れているのか

 

これも個人的な意見になるので異論は多々あるかと思いますが、ヒカキンが配信している動画は自己満足ではなく、完全にビジネスとして作成しているように思えます。

以前、マホトが投稿した「酔っぱらいがカメラを回したらよくわからない事になった」という動画で“自分がやっていて楽しい事をするんだよ”のような事を言っていましたが、この意見には物凄く賛同できますし、YouTubeをやる上で欠かせない部分かと思います。

しかし、ヒカキンの場合、上記のようなマホトが言っていた要素を排除しているように思えるんですね。つまり“好きなことで生きて行く”というフレーズには沿わない動画配信ということです。

確かにヒカキンは、高校時代から趣味でYouTubeに動画を投稿するほどのYouTube好きなので、好きな事であるには変わりないかと思いますが、こと動画内容に関しては完全に“好きな事”とはかけ離れたものになっているかと思います。

つまり趣味の領域を超えてYouTubeをビジネスに昇華させたということです。

ではなぜ、元々ボイパの動画を投稿していたにも関わらず現在のような動画になっていったのか。という話になりますが、これに関してはヒカキン本人も非常に葛藤があったのではないでしょうか。

「如何に収益を上げていくか」という難題にぶち当たった際に、ボイパを続けていくことに将来性を見出せなかったのだと思います。

やはり、ボイパの動画を常にクオリティーを維持しユーザーに飽きさせないように投稿し続けるには無理があります。例えば、作曲家に短いスパンで曲を作成し続けてくださいと言っても返事が間違いなくNOになるのと同じことです。

ヒカキンはプロのアーティストではないですが、ハモネプ優勝やテレビでのパフォーマンスなどを行ってきたほどの実力の持ち主です。つまりボイパには非常にこだわりがあり、妥協できない一面も必ずしも持ち合わせているはずなんですね。

短いスパンで定期的にボイパの動画を投稿しようとすれば、必ず上記の一面と衝突するはずです。

これに関してはヒカキンの兄セイキンも言っていましたが、曲を作ろうとすれば物凄い労力と時間を要するようです。

 

つまり何が言いたいのか、簡単な話で、毎日一定のクオリティーの動画を投稿した方が収益を上げられると判断し、ユーザーのニーズに迎合した今の動画配信が行われているということです。

ヒカキンにしろ、セイキンにしろ、確かに一時期マンネリ化し、再生回数が明らかに落ちた期間がありましたが、それでも一定のラインを保っているんですね。

 

しかし、ここでもまた問題が生じます。

全てのユーザーが楽しめるような動画作成もまた非常に困難だということです。例えば大人になれば滑り台を全力で楽しむことはほぼ不可能ですが、子供のうちは全力で楽しめます。

つまり「面白い!」と感じる対象が年齢によって全く異なるわけです。

そんなこと今更あえて言うまでもないことですが、ヒカキンも十分にそのことを理解した上で、現在の低年齢層向けの動画内容にしているのだと思います。ターゲッティングをしっかりと行っているということですね。

 

ヒカキンのバックグラウンドや葛藤を知らずに、単純にヒカキンの動画を閲覧したのであれば、現在ネット上でヒカキンへの誹謗中傷が蔓延するのも仕方のないことだと思います。現に管理人も完全にネット上の意見と同じでしたから。

ただし、色々と動画を見たり調べているうちに感じましたが、ヒカキンはプロの動画クリエイターであることは間違いないです。

トップに成るべくして成っているんですね。

スポンサーリンク

これからのYouTubeやヒカキンのあり方

 

現在、日本ではYouTube、そしてYouTuberという存在が一目置かれ、世間を賑わせているのは紛れも無い事実です。

しかし、必ず反応が下がる時期がくることは明白です。

その際に、どのようにYouTuberという存在を存続させていくかが今後の課題であり、トップを走るヒカキンにとっても大きな問題でしょう。

要は一発屋で終わらせないためには何をすれば良いのかという話です。

管理人の意見としては、

  • YouTuberの価値自体を上げる
  • 次世代の育成による裾野の拡大

あたりが大切であるかと思います。

 

YouTuberの価値自体を上げる

 

以前、芸能人化が止まらいYouTuberという記事を書きましたが、この記事ではヒカキンが芸能人と積極的に交流を持っていることに焦点を当ててみました。

何気なく見ている方も多いかと思いますが、ブランディング効果は抜群なんですね。

単純に聞きますが、「Yahoo検索大賞を受賞し、市川海老蔵や筧美和子、橋本環奈などと壇上で表彰」「世界の歌姫アリアナ・グランデと共演」「剛力彩芽やアメリカを代表するR&Bシンガー、ニーヨと共演」これらを見て『ヒカキン(YouTuber)ってそんなに凄いんだー』とは多いませんか?

正直誰がどう考えても凄いことですよね。一般人ではまずありえないことですから。

 

その『こんなに凄いんだー』という感情が大切なのではないでしょうか。

例えば、ルイヴィトンでは、社員割もありませんし、セールや値引きなども一切行いません。なぜならそれほどに『ブランドの価値』にこだわっているからです。厳密に言えば、仮に売れなくても来年も販売できるほどの品質を保っているからなのですが、価値にこだわっていることも間違いありません。

一流スポーツカーメーカーのフェラーリでも、ライバル会社であるランボルギーニ他、一流メーカーが次々にSUV車(よく売れる)に参入する中、徹底してスポーツカーの販売だけにこだわっています。

これはブランドの価値を絶対に下げないという意思のもと、おこなっていることです。

 

少し話が大げさになりましたが、YouTubeにおいてもYouTuberの価値を上げていくことは非常に重要なことなんですね。極端な話をすれば、価値や信頼さえ高めておけば商品なんていくらでも売れますからね。

「管理人が紹介する携帯ストラップ」と「ヒカキンが紹介する携帯ストラップ」どちらが欲しいでしょうか?

間違いなく後者ですよね。それはヒカキンの方が価値や信頼が高いからです。マホトが販売するTシャツやパーカーが数分で完売するのもそういった理由からです。

 

次世代の育成による裾野の拡大

 

これはもう間違いないです。

サッカーであれ野球であれ、次世代に力を入れるということは業界のパワーアップを図る上では間違いなく必要なことなんですね。

これがなければ衰退する一途です。

しかしYouTube業界はどうでしょうか。次世代の育成に力を入れているんでしょうかね?

管理人はそうは思えません。というのもまずは次世代を育成するプラットフォームが少ない事、そしてMCNという存在が搾取しか行わないことです。

最近特に思うのですが、今さえよければそれで良いという企業が多すぎませんか?

例えば、スマホアプリ業界なんてユーザーからお金を搾取することしか考えていない会社が非常に多いです。会社の評価なんて気にもしない暴挙、顧客との相互通信を断ち切ったテンプレメールの返信など、一時的に爆発的に収益を上げられる方向に傾いているように思えます。

 

先日uuumも大々的に1000人新規クリエイター募集なんてやっていましたが、管理人には搾取イベントのようにしか思えませんでした。

代々木ゼミナールのように一つの講義を万人が受講できるサテライト授業を行うならまだしも、1000人なんて面倒みれるわけがないんですね。

しかし企業の存続率が

設立1年=40%
設立5年=15%
設立10年=6%
設立20年=0.3%
設立30年=0.02%

この程度と言われているので、搾取するのも当たり前といえば当たり前なのですが、個人的な希望としてはしっかりと次世代のYouTuberを育成していってほしいと感じています。

まぁ特段、解決策なんか持ち合わせていないので文句を言うだけなんですがね、、、笑。

 

さて、大分長くなってしまいましたが、この辺で終わりたいと思います。最近ではYouTuberの日々の葛藤や努力が目に見えるので、本当に頑張って欲しいと感じています。

毒舌はこのブログのコンセプトなので続けていきますが笑。

ではまた。



あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の顔出し声出し無しで月5〜30万円YouTuberとして稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルも紹介しているので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出しなしでYouTubeで月5〜30万を無料で稼ぐ方法



はてブする Google+で共有

12 Responses to “お前らヒカキン(YouTuber)のこと舐めすぎだろって話。”

  1. 名無しようつべさん より:

    ボイパやってた頃は普通に好きだったのになあ…

コメントを残す

このページの先頭へ