今日本で最も勢いのあるYouTuberと言っても過言ではないヒカルさん。その卓越した企画力やトーク力、そして資金力(笑)には多くの視聴者が釘付けになっていることでしょう。

そんなヒカルさんについて、もっと知りたいと考えている視聴者も数多くいるはず。そこで今回は情報商材で稼いでいた過去の真相から、車の価格や年収などの下世話な話、そしてヒカルさんがお金持ちになった3つの理由まで惜しみなくお伝えしていこうと思います。

情報量が多すぎて記事も大ボリュームになってしまいましたが、ヒカルさんのことを良くも悪くも120%知ることができる内容になっていますので、是非最後まで読んでいただければと思います。

それではさっそく行きましょう!

スポンサーリンク

ヒカルのプロィール

ヒカル

本名:前田 圭太
年齢:1991年5月29日(25歳)
出身:兵庫県 姫路市
身長:175㎝
血液型:O型
学歴:鶴居中学校→神崎高校(高卒)

YouTube & SNS

YouTube(メイン)
YouTube(ゲームチャンネル)
Twitter

 

東日本原発ビジネスで失敗し1200万円の借金!?

高校を卒業し工場勤めをしていたヒカルさんは、ひょんなことからりょーまさんの兄の会社で働くことになりますが、持ち前のトーク力を活かし、営業マンとしてTOPの売り上げを叩き出します。

最もピークの時で会社の総売り上げ1億円の内、7割である7000万円ほどはヒカルさん一人の功績だったそうです。

その時の詳しい話はりょーまさんの兄との対談で↓

結果を残し、満を辞して独立したヒカルさんですが、自営業を始めた彼に思わぬ落とし穴がありました。

自営業を始めた当初は羽振りもよく、キャバクラなどで散財する日々を送っていたそうですが、東日本原発事故に目をつけ、人員を送る派遣ビジネスに手を出します。

ここではヒカルさん曰く、反社会勢力が一枚絡んだビジネスをしていたそうですが、案の定足元をすくわれる結果となります。 ほんの些細な失敗から悪質な取り立てにあい、最終的には1200万円の借金をすることになったのです。

ただしこの話は、ヒカルさん自らが語った中でもコロコロ内容が変わっていたので、一部の視聴者からは作り話ではないかとの憶測を呼んでいます。

借金事件の詳細が気になる方は、以下の記事に目を通してみてください。

この記事もチェック!

 

情報商材アフィリエイトで荒稼ぎ!

嘘か誠かは本人がしっかりと説明しない限りは闇の中ですが、東日本原発ビジネスで1200万円もの大金を背負ったヒカルさんは、スーパーの試食コーナーで食事を済ませ、自動販売機の下に落ちている小銭を探すような生活へと転落していきます。

同時にこの失敗から、“誰かに依存するビジネスではなく、自分一人で完結するビジネスをする”と決意したヒカルさんは、ネットビジネスの世界へと飛び込んでいきます。

 

FXで200万円を溶かす

身の回りにある貴金属などを売り払い、200万円の軍資金をつくったヒカルさんが最初に目をつけたのはFX。言わずと知れたギャンブル性の高い外為取引ですが、どん底にいる最中でもヒカルさんの底知れぬ自信だけは地に堕ちることはなかったようです。

ネットサーフィンをしていたヒカルさんは、“FXで200万円が5日で1000万円になった”との情報を目にします。これに感化され“あ〜楽勝やんけ!普通の奴やったら失敗するけど、普通やない俺やったらいけるんちゃうか!”と元金200万円を全ツッパ。

結果としてその全てを一ヶ月ほどで溶かしてしまいますが、1200万円の借金に加え、FXで200万円を失った失敗から一攫千金を狙うのではなく、“コツコツ行くしかない、塵も積もれば山となる作戦や!”と考えを180度変えていきます。

 

トレンドアフィリエイトで月収200万円を稼ぐ

FXで200万円もの大金を一ヶ月で溶かしたヒカルさんは、下克上という情報商材で推奨されているトレンドアフィリエイトという手法に着手します。

ートレントアフィリエイトとは?

トレンドになっている話題を記事にし、爆発的にアクセスを集め広告収入を得るアフィリエイト手法

ex)ベッキーの不倫、ノンスタ井上の当て逃げなど

トレンドアフィリエイトを始めた当初は、1日15時間も記事を書く日々を2ヶ月間続けたようですが、結果は月収2521円と惨敗。しかし3ヶ月後には月収15万円、4ヶ月後には月収100万円、5ヶ月後には月収200万円と徐々に結果を出していきました。

月収200万円の結果を出したヒカルさんは、その実績をひっさげて情報商材アフィリエイトの世界へと進んでいきます。

 

情報商材アフィリエイトで月収1200万円を稼ぐ

トレンドアフィリエイターとして月収200万円の実績を出したヒカルさんは、今度は情報商材アフィリエイトに手を出します。

ー情報商材アフィリエイトとは?

他人が作った情報商材(お金の稼ぎ方など)を代理で販売することで、売り上げ金額の一部を報酬としてもらうアフィリエイト手法

アフィリエイトの中では難易度の高い情報商材アフィリエイトですが、やり方は非常にシンプルで以下の手順を踏んでセールスをします。

  1. 自分のブログにアクセスを集める(集客)
  2. メールマガジンに登録させ情報発信を行う(教育)
  3. 信者になった顧客に情報商材を販売する(販売)

この集客、教育、販売という手順を踏めば、高額な商材であっても面白いように売れていきます。(※理由を話すと長くなるので割愛しますが、気になる方は「メルマガアフィリエイト」などのキーワードで検索をかけてみてください)

ヒカルさんが当時販売していた情報商材は「下克上」という商材で、価格は16,800円。この内、ヒカルさんにアフィリエイト報酬として支払われる金額は一本あたり14,784円(88%)です。

つまり月収1200万円を達成するには、下克上を811人の方に売ればいいわけです。

無理ではないか?と思われるかも知れませんが、一般的なビジネス(俗に言うリアルビジネス)であれば、一人一人にセールスしなければなりませんが、ネットビジネスでは一度に数千、数万の人にセールスをかけることができます。

例えばひと月に8万人をブログに集客できれば、そのうちの1%が購入するだけで月収1200万円は達成できます。こう説明すれば割と現実的な数字になるでしょう。

 

インフォプレナーとして月収2000万円を稼ぐ

情報商材アフィリエイトで月収1200万円を達成したヒカルさんは、次のステップであるインフォプレナーとして活動を始めます。

ーインフォプレナーとは?

他人の情報商材をアフィリエイトするのではなく、自ら情報商材を作成して販売する人

情報商材アフィリエイトでは、販売した情報商材の一部の報酬しか得ることはできませんが、インフォプレナーとして自ら情報商材を作成し販売すれば、価格も自由に設定できるほか、全ての報酬が自分のものになります。

またこのステージまで到達するインフォプレナーは、多くの信者を抱えている状態でもあるので、情報商材に加え高額なコンサルフィーを上乗せして販売することも可能です。

インフォプレナーとなったヒカルさんが販売していたのが「進撃のアナザーワールド」という情報商材で、高額なコンサルフィーのおまけつきでした。 その額は以下↓

  • 初心者コース:5万円
  • 中級者コース:30万円
  • 上級者コース:100万円

まぁ腰が抜けるぐらいの額ですが、これでも信者と化したユーザーは購入していくわけです。当時ヒカルさんはYouTubeに広告を出稿していたのもあり、そりゃもう多くの方が購入したでしょうね。

このような経緯でヒカルさんは、ネットビジネス業界でもその名を轟かせる存在となったわけですが、大金が動く影には闇があるのが世の常。果たしてヒカルさんはホワイトな手法でこれだけの大金を稼ぐことができたのでしょうか。

その当時のことについて、ヒカルさんは次のように語っています。

“とにかくお金が欲しかった。弱肉常食の世界だからお客さんが満足するかなんてどっちでもよかった。グレーなことはしてきたけど、法に背いたことはない。”

なんとなく黒いこともやっていそうだなと直感した管理人は、少しヒカルさんの過去について調べてみました。

調べてみると出るわ出るわ。法に背いたことはないと豪語していたヒカルさんですが、実は違法なことを繰り返していました。(詳細が気になる方は以下の記事に目を通してください)

この記事もチェック!

 

YouTuberに電撃転身!

管理人もインフォプレナーとして活躍するヒカルさんをしょっちゅう見ていたので驚いたのですが、ある日を境にヒカルさんはYouTuberに電撃転身しました。

その理由を次のように語っています。

“詐欺だと思われることが多いから、周りからそう思われないような仕事がしたいと思ってYouTuberになった”

さきほど載せた記事内でも言及していますが、詐欺にあたる行為(上辺では否定していますが)を繰り返していたことで、自分自身でもそういった環境を断ち切りたいと思ったんでしょうね。仮にホワイトなのだとすれば、過去の情報を消して回る必要もないでしょうし。

 

ヒカルゲームズで知名度を獲得

最初に始めたのはゲームチャンネル。

まえっさん(ヒカルさんの実の兄)、恭平さん(ヒカルさんの幼馴染)、名人(恭平さんの後輩)、りょーまさん(ヒカルさんの高校の同級生)、こっしゃん(元職場の上司)など、個性的なメンバーと共に日々ゲーム実況に明け暮れます。

月収2000万円を稼いでいた頃とは一転して、それはもう地道に動画を投稿していました。その数なんと8410本(2017年4月27日現在)。単純に計算すると1日に6本弱の動画を投稿し続けていることになります。

これは恐ろしい投稿スピードですよね。 ゲーム実況YouTuberの多くが1日に1本かそれ以下、多くても2,3本という状況の中、これだけ多くの動画を投稿できているのは極一部です。

動画の量に加え、持ち前のトーク力や豪快な金遣いで動画の質を保つ。その結果として多くのファンを獲得していきました。

 

実写チャンネル開設でYouTubeのご法度に挑む?

ヒカルゲームズで人気を獲得したヒカルさんは、満を持して2016年3月18日に実写チャンネルを開設し、日本人最速でチャンネル登録者数100万人という偉業を成し遂げます。

それもそのはず。単純に動画が日本一面白い笑。

ヒカルさんは、YouTubeではご法度とされていたジャンル「金持ち動画」に切り込んだことで、完全なるオリジナリティ、つまり差別化に成功しました。

年末ジャンボ宝くじで100万円分購入する動画↓

唯一無二の動画が評価されたのか、2017年4月現在では180万人もの登録者を抱える日本最大級のチャンネルへと変化を遂げています。

 

店長との出会いで人気爆発!

ヒカルさんが“遊楽舎と共に、このチャンネルもデカくなってきた”と発言しているように、彼のチャンネルを語るには欠かすことのできない人物、それは店長ですよね。

タ◯キ(笑)に似た可愛らしいルックス、そして豊富なボキャブラリーから発せられるボケやツッコミに、何度腹を抱えて笑わされたことか分かりません。

そんな店長がヒカルさんの動画に初めて登場したのが、以下の動画↓

この頃はまだ声だけの出演でしたが、次第にモザイク出演→顔出し出演(ヒカルさんが勝手に)と店長登場の機会が増えていきす。

そんな店長さんとの出会いについて以下の動画で語られていました。

ヒカルさんと店長さんの出会いについての動画↓

以下動画内での二人の出会い話↓

ヒカルさん:僕(遊楽舎が)開店してすぐ来ましたよね。

店長:そやね!遊戯王のカードを買いに来とったね。

ヒカルさん:遊戯王カードを買いに行こうってなって、どっかないんかまとめて買えるとこ!ってなって、探した挙句なんか変なとこ見つかったなって遊楽舎を見つけたんですよ!

店長:よりによってここを見つける嗅覚がよく分からん(笑)

ヒカルさん:横のラーメン屋が好きやったから(笑)遊楽舎の下のブックワンも好きやったから(笑)

それで遊楽舎見つけて、その時に俺とまえっさんで、あの店長めっちゃおもろいよな!ってなってたんですけど、俺住む場所が変わってあんま来なくなったのよ。

その後YouTubeを始めて、ゲーセン系をやりたいなと思ってなんかないんかな!ってなったんですけど、デカい店舗は撮影の許可とれなかったんですよね。で、思い出したんですよ遊楽舎を!で、店長に声かけたんですよ。

店長:断っときゃよかった〜(笑)

ヒカルさん:ははは!で最初行ったら、めっちゃ怪しい目で見られて全然取り繕ってくれへんかったんですよ!忙しいとか言って(笑)それで断られたんですけど、三日ぐらい通ったんだよね!で日本一になるんで!日本一になったらこの店にも人くるんで!っていって、なんとか店長を説得したんですよ。

とまぁ、こんな経緯でヒカルさんと店長は出会ったようです。二人のやりとりを見ていると漫才を見ているようで(芸人さんに怒られそうですが)人気が爆発したのも納得できますよね。

 

会社経営で波に乗る?

ヒカルさんと言えば、6年ほど前から株式会社シュプラスという会社を経営していることで有名です。

株式シュプラスの法人情報

この株式会社シュプラスはホームページもなければ、所在地は空き地であることから、情報起業でよくある税金対策での法人化なのでしょうね。

株式会社シュプラスの所在地の様子↓

株式会シュプラスに関してはこれぐらいにしておいて、気になるのはヒカルさん、ラファエルさん、禁断ボーイズで結成されたNEXT STAGEについてです。

この記事もチェック!

 

NEXT STAGE自体が会社として設立されたと思われがちですが、株式会社VAZの傘下でヒカルさんらが設立した子会社のようなものです。(グループという名目ですが)

株式会社VAZは2015年7月に設立したいわゆるMCNで、若手美人YouTuberかすさんなどもここに所属しています。

この記事もチェック!

 

この会社のもとで執行役員(取締役が決定した重要事項を実行する役割)という肩書きを務めるヒカルさんですが、ヒカルさん自身はNEXT STAGEの下にVAZがあると語っていたので、事実上はヒカルさんが社長であり、会社経営をしているようなものなのでしょう。

そんなNEXT STAGEですが、2016年12月に行われた第一回のイベントを超満員で成功させ、書籍も販売し波に乗っているNEXT STAGE率いるVAZは日本最大のMCNであるUUUM超えを果たすかもしれませんね。

NEXT STAGEの書籍はこちら↓

車の価格は600万!?

名実ともにトップYouTuberとなり、お金持ちキャラもすっかり定着したヒカルさんですが、乗っている車もやはり高級車。動画内でも公開されていましたが、クライスラー300cが彼の愛車のようです。

クライスラー300c登場動画↓

気になる価格についてですが、クライスラーの左ハンドルは3500ccと5700ccモデルがあり、そのどちらかは動画を見ただけでは判断できませんでしたが、前者の場合、メーカー希望小売価格で409万円、後者は599万円となっています。

中古の場合は、100万円以下のものも数多くありますが、ヒカルさんの性格を考えると新車購入でしょうね(笑)ただ運転のし辛さから普段は軽自動車を愛用しているのだとか。

 

金持ちなのにGU愛用?

高級車とは一転して、ヒカルさんはユニクロかGUばかり着ているようで、そのギャップに視聴者も驚かされたようです。

普段着ているタートルネックはユニクロ↓

いつも着てるユニクロのタートルネック!実は白色もありました。ユニクロは良い。

ヒカルさん(@tadanokarisuma)がシェアした投稿 –

部屋着や肌着はGU↓

おしゃれをしたい時はルイヴィトン↓

Appleのスティーブ・ジョブズやFacebookのマーク・ザッカーバーグをはじめとし、世界の一流ビジネスマンが毎日同じ服を着ているのは有名な話。これは普段から重要な意思決定を行うため、服を選ぶなどの小さな意思決定を極力しないようにしているのだとか。

ヒカルさんも偉人に憧れ、同じようなスタイルをとっているのでしょうかね(笑)

 

年収は億越え!?

動画内でも豪快にお金を使うヒカルさん。我々一般人からすれば異次元の話のようですが、やはり稼いでいる額も桁違いなのだと思います。

そこで視聴者として気になるのはヒカルさんの年収ですよね。というわけでヒカルさんの過去の発言などからどれぐらいの金額を稼いでいるのか見ていきましょう。

年収を知る上で重要なのは、ヒカルさんの月収ですが、彼の主な収入源は企業とのタイアップ案件によるもので、YouTubeでの広告はおまけ程度だとツイッター上でも発言していまいした。

ではその企業案件でどれぐらい稼いでいるのか。まずはそちらを見ていきましょう。

 

企業の案件報酬は4000万

ヒカルさんはラファエルさんに対して“案件ばかりやってファンを減らしている”などと皮肉交じりにいじっていましたが、当の本人も企業案件で多額の収入を得ていることを動画内で話していました。

企業案件の報酬についての動画↓

ラファエルさんの“今月いくらぐらい稼いだんですか?案件で!”との質問に対し、ヒカルさんは“4000万ぐらい”と答えていました。そこで気になるのが企業案件一本あたりの報酬ですよね。

この動画が投稿されたのは4月7日でおそらく撮影日は3月。この月には企業案件が15本とも話していました(下のツイート参照)ので単純計算すると一本あたり平均250万円以上の報酬を得ていることになります(案件によって報酬額は違うのであくまでも目安です)。

まぁ企業としても何十万、何百万という人に宣伝できるので、テレビなどに広告を出すよりも費用対効果が良いんでしょうね。

 

YouTubeでの広告収入は?

続いてYouTubeでの広告収入についてですが、正直ヒカルさん本人にしか分かりません。毎月の再生数や報酬単価は大きく変動するものなので、一言で“いくら”と決めることはできません。

ただおよそであれば推測することはできます。

ヒカルさんはテレビ出演した際に、2017年2月の月収は1500万円だったと話していました。2月の動画を確認してみたところ、企業とのタイアップ案件動画は5本。そのうちYouTubeの広告報酬で得ている金額は、ヒカルさんの“おまけ”という発言を加味して、数百万円(500万円ぐらい?)ではないでしょうか。

ただ最近では祭りクジ動画などで急激に再生数やチャンネル登録者数を伸ばしているので、今後はYouTubeでの広告収入もどんどん増えていくでしょうね。

 

上記のように、毎月企業案件やYouTube広告で数千万の報酬を得ているヒカルさんにとって、年収1億越えは当たり前で、下手すれば5億越えもあるのではないでしょうか。(動画内では最低月収は1000万切らないぐらいと話しており、テレビ出演をした際には最高月収は5000万円とも話していましたし)

彼自身は数千万円では物足りず、単月で1億円を狙っているようですが(笑)

 

金持ちな3つの理由とは?

最後にこの記事のメインテーマでもあるヒカルさんがお金持ちな理由についてですが、そこには3つの大きな要因があります。では一つ一つ見ていきましょう。

 

徹底した差別化

ヒカルさんのチャンネルはなぜこれほどまでに急成長できたのか、そして多くの金額を動かすことができたのか。それは徹底した差別化であり、そして真似できないコンテンツ作成にあります。

YouTubeはテレビの下位互換なんてことが常日頃言われていますが、結局テレビは寸止めまでしか行かないことがほとんどですよね。例えば有吉ゼミという番組で放送されている的場さんの別荘購入企画なんて寸止めしすぎて嫌悪感すら覚えます。

もちろん視聴率や、コンプライアンスの問題もあるのでしょうが結局テレビでできるのはその程度のことなのです。

一方ヒカルさんのチャンネルでは数十万、数百万、さらには一千万単位でお金がホイホイ動きます。視聴者の中には引いてしまう方もいるかもしれませんが、多くの方が次のような印象を受けるでしょう。

“見たことない”

ヒカルさん自身も、差別化には徹底してこだわっているようで、彼の発言からもその意志が十分に汲み取れます。

差別化という観点からすれば、シバターさんなんかも成功例として挙げることができるかと思いますが、ヒカルさんのチャンネルとは決定的な違いがあり、誰でも真似することができます。現に売名や炎上を生業とするYouTuberも激増していますし。(成功しているかは知りませんが笑)

この記事もチェック!

 

このように差別化というハードルはクリアできても、“真似できない”まで到達できる人間は一握りです。それは才能であったり、容姿であったり、様々だと思いますが、ヒカルさんの場合は“お金”だったのでしょう。

さらに練りこまれた企画や洗練されたトーク力からなるコンテンツの質も、他を寄せ付けない出来になっているので、まさに鬼に金棒状態ですね(笑)

 

適切な投資

多くの視聴者は多額の金額を使うヒカルさんを見て、散財しているという印象を抱いていることかと思いますが、彼が行なっていることは散財ではなく投資です。

なぜ投資なのかということに関して、ヒカルさんとラファエルさんが簡単に説明してくれていたので、手っ取り早くそちらを見てみましょう。

このような戦略で、より多くの資産を作り、そして企画のレベルも上がっていくという好循環を作り上げているのです。

 

適切な人選

最後に人選についてですが、十代の頃からビジネスをしていただけあって、その能力は抜群ですよね。

店長に始まり、波に乗っているYouTuberである禁断ボーイズさん、ラファエルさん、怪盗PINKIDさんなど、悪く言えばお金にならない人材には一切見向きもしないとでも言えるでしょうが、彼らがヒカルさんのステージを押し上げていることは間違い無いでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ヒカルさんがYouTuberになるまでの経緯をはじめ、車の価格や年収などの下世話な話、そしてお金持ちになった理由までをお伝えしてきましたが、ヒカルさんのことをより知れたのではないでしょうか。

“日本一のYouTuberになる”ということを目標として掲げているヒカルさんですが、その日も近いのかも知れません。

ただ注意しなければならないのは視聴者の慣れ。

今現在は大きな金額を動かす動画に真新しさを感じている視聴者も、それが当たり前になってくるとまた別のコンテンツを求めるようになります。

その時にどのような企画を用意してくるのか、それがヒカルチャンネルの今後の見どころではないでしょうか。

ではまた次の記事で。