ヒカルが東日本原発ビジネスで借金した話は大嘘の可能性

ヒカル 原発

 

ヒカルさんが過去に東日本原発ビジネスで失敗し、反社会勢力に1200万円の借金をしたという話はあまりにも有名ですが、ネット上では嘘なのではないかという声をよく目(耳)にします。

確かにその時々で発言内容が変化しているので疑われるのも無理はありません。

というわけで今回はヒカルさんが過去に発言した内容から当該事件の真相を解明していこうかと思います。

スポンサーリンク

 

ヒカルのプロフィール

ヒカル

ヒカル

本名:前田 圭太
年齢:1991年5月29日(26歳)
出身:兵庫県 姫路市
身長:175㎝
血液型:O型
学歴:鶴居中学校→神崎高校(高卒)

YouTube & SNS

YouTube(メイン)
YouTube(ゲームチャンネル)
Twitter

 

東日本の原発派遣ビジネスに失敗し1200万円の借金!?

高校を卒業したヒカルさんは、鉄鋼メーカーに就職し日々労働者として働いていたそうですが、毎日同じ作業の繰り返し、そして尊敬できない上司とは衝突ばかり…そんな生活には心底うんざりしていたようです。

 

そんな最中、以前ヒカルゲームズでも一緒に活動していたりょうま(井川亮磨)さんの紹介で、その兄(井川準一)の会社で働くことになります。

この記事もチェック!

 

りょうまさんの兄の誘い話に対し2分程度で「やります!」と即決したヒカルさんは、翌日には工場を辞め、翌々日にはりょうまさんの兄の会社に出勤したという逸話もあります。

 

りょうまさんの兄が経営する会社では高齢者をターゲットにする商売で億を売り上げていたそうですが、総勢20人ほどの営業マンをあっさり抜き去り、新人のヒカルさんは三ヶ月連続で売り上げTOPに、さらに売り上げ1億のうち7000万ほどはヒカルさんの功績だったようです。

 

完全に勢いづいたヒカルさんは、会社に18金のネックレスをしてきたり、営業マンなのに金髪にしたりとやりたい放題で、稼いだお金もキャバクラなどで豪快に散財していたようです。

ですが、よかったのはここまで…

 

りょうまさんの兄の会社を飛び出したヒカルさんは、東日本で起きた原発事故の処理や整備に人材を派遣するビジネスに目をつけ、そこで大コケして反社会勢力の人物から1200万円を取られ借金することになります。

借金事件についての動画はこちら↓

 

この件に関して詳細が気になるという方も多いかと思いますので、1200万円借金事件の詳細を語ったまえっさんとの対談音声が残っていたので、その動画と(動画が消されるかもしれないので)会話内容のほぼ全文を掲載しておきます。

まえっさんとの対談音声↓(動画は削除される可能性があります)

 

以下会話の全文↓

覚えてますからね俺。反社会勢力に大津のガストに呼ばれて…向こうは若頭の補佐と手下三人ぐらい連れて来たんですよ。

 

最初は俺も話し合いで終わると思ってたんですよ。なんぼ言うてもガストやし!謝って終わるやろぐらいに思ってたんですよ。

 

でも何回謝っても終わりが見えないんですよ。向こうの言い回し的に何かを欲しているのは分かったんだけど、でも欲しいとは言わないんですよね。恐喝罪になるから。

俺の方からお金を払いますっていう言葉を引き出すまで永久に帰る様子がないんですよ。

 

そしたら向こうが言い出すんですよ。“なんで車に手下がいるか分かるか?”って。“お前を刺しに行くためやで”って言うんですよ。“俺は捕まりたくないから手下にやらせる”って。

どこまで本当かわからないですよ?

 

でも派遣のビジネスで損害が出たとか言い出すんですよ。そんな損害出てるはずもないのに。要は金を払えってことなんですよね。

 

その金額も意味が分からないんですよ。たった1日の失敗なのに、ふっかけてきたのが800万円やったんですよ。

 

そんなお金あるわけないやん。あったとしてもお前に何で渡さなアカンねんって思ったんですけど、払わなかったら一向に話が終わらないんですよね。

 

で、そんなお金ないですよって言ったら、“じゃあ指一本300するから”とか言いだして…んでバッグから彫刻刀入れみたいのを取り出してきて。

 

いや俺も18か19ぐらいの時だったんで、常識が分からないんですよ。右も左も分からなかったから警察に行こうという発想も浮かばなかったんですよね。

 

で、払うしかないかっている決断になりましたけどね。その後またつけ込んでくることもあったんですけど一銭も払わないっていう覚悟を見せたら、それ以上はこなかったですね。

 

以上になりますが、この話を受けてネット上では嘘だとの声が多くあがっています。

スポンサーリンク

 

借金話は嘘かもしれない

確かによくよく聞いてみるとメインチャンネルとまえっさんとの対談では話している内容が全然違いますよね。また、まえっさんとの対談では違和感を覚える発言が多々ありました。

 

借金額の大きな違い

まずは借金額についてですが、メインチャンネルでは1200万円、まえっさんとの対談では800万円と話しています。

 

この400万円の差額は一体…
いくらお金持ちだとは言え、人生を変えた事件であるにも関わらずこれほどまでに借金額の記憶に違いが出るものなのでしょうか。

 

あくまで客観的な意見ですが、あちこちで嘘をついているうちに、どこでどのように話したのか自分でも分からなくなった典型的な嘘つきの例のように思えます。

 

反社会勢力なる人物の言動の変化が意味不明

初めは恐喝罪になることを恐れて“金銭の要求をしてこなかった”反社会勢力が、ストーリーの中盤では“なんで車に手下がいるか分かるか?お前を刺しに行くためやで”などと発言し、終いには“指一本300万円”と脅したり、刃物らしきモノをちらつかせる完全なる脅迫行為をするに至っています。

 

また、恐喝罪になることを恐れて金銭の要求をしてこなかったはずが、明確に800万円という金額をふっかけてきているのも辻褄が合いません。

 

19歳で警察に行くという発想がなかった???

19歳で右も左も分からないから警察という発想もなかったと発言していますが、19歳は右も左も分かる年齢でしょうし、ヒカルさんと言えば誰もが認めるほどのキレ者です。

 

また、ヒカルさんはグレーな仕事はしたことがあるが、違法な仕事はしたことがないとの発言もしているので、警察に駆け込めない理由もないはず。

 

それでいて恐喝、脅迫をされていて、なおかつ要求された金銭を支払うだけの財力もない…

この状況下で「警察」の二文字が浮かばない人間なんているのでしょうか。そんな無知な人間がいるのであれば是非見てみたいものです。

 

借金をした対象が不明

動画内ではあまりにもサラリと流されている所なので、中々気づきにくいかと思いますが、そもそも誰に借金したのでしょうか?

 

考えられるのは、

  • 消費者金融
  • 知り合い
  • 反社会勢力
  • 家族

 

これらの対象になるかと思いますが、ヒカルさんは800万円なり1200万円なりを借金したあとは、試食コーナーで食事をしたり、自動販売機の下の小銭を探したりして何とか食いつないだと話しており、無職であったことが伺えます。

 

消費者金融は無職の人間にお金を貸すことはほぼありえません。必ず審査があり審査通過条件に「安定した収入」という項目があります。理由は簡単で返済見込みの無い人間に貸しても金利での利益を回収するどころか貸付金すら回収できずに損をするからです。

 

次に知り合いに借りた可能性ですが、動画内で借金事件を皮切りに家族以外の人間は全員いなくなったと発言しているので無いでしょう。

 

続いて反社会勢力に直接借金した可能性についてですが、ありえると思いますか?地獄しか待っていませんよ。800万円なり1200万円なり警察に駆け込むことなく支払う人間なんて逃すはずがありません。骨の髄までしゃぶり尽くされるのがオチです。

闇金なんかを想像してもらえれば分かるかと。

 

後は家族だけですが、この可能性は否定できませんね。ありえるとすれば家族ぐらいです。まぁそれだけの大金を払えるだけの家庭であればの話ですが。ただ家族にまで話が及んでいるのに、警察が介入しないなんてことも考えづらいですよね。

 

まとめ

その時々での発言の変化や当記事で追求した内容を加味すると、十中八九嘘でしょうね。

嘘の理由として考えられるのは、情報商材を売るためのストーリー作りを今でも転用しているか、もしくはYouTube上で人生大逆転劇風に自分をプロデュースすることで話題を呼ぶためか。

真相は分かりませんが、もしヒカルさんの東日本原発ビジネスで借金をした話が本当なのであれば、誰もが疑問を抱かない形で証明してほしいですね。発言が二転三転した理由についても。

スポンサーリンク




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の顔出し声出し無しで月5〜30万円YouTuberとして稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルも紹介しているので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出しなしでYouTubeで月5〜30万を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

あなたにオススメの記事はこちら


6 Responses to “ヒカルが東日本原発ビジネスで借金した話は大嘘の可能性”

  1. […] この記事もチェック! →ヒカルが東日本原発ビジネスで借金した話は大嘘の可能性 […]

コメントを残す

このページの先頭へ