ヒカルの祭りくじ動画は逮捕案件!?元テキ屋にもインタビューしてみた!

ヒカル 祭りくじ

 

記憶に新しいヒカルチャンネルの「祭りくじ動画」について、今だからこそ書ける企画断念の理由、そして逮捕案件になるのか否か、また独自に元テキ屋の方にインタビューすることもできたので、ぜひ最後までご覧下さい。

スポンサーリンク

 

祭りくじ動画の経緯

誰もが疑問を抱きながらも、暗黙の了解として触れていなかった「祭りくじ」の実態。人気YouTuberのヒカルさんが300万円の軍資金を片手に、その実態を暴こうと日本中の話題をさらったわけですが、まずは祭りくじ動画の経緯をおさらいしていきましょう。

この記事もチェック!

 

夏祭りでは検証失敗

ことの発端は、2016年8月に公開された「夏祭りで屋台のくじ引き全部買います!」と題された動画。視聴者から寄せられたコメントを受けて、ヒカルさんが検証するという内容の動画でした。

“祭りくじには当たりがあるのかを検証してほしい”とのコメントが寄せられた▼

ヒカル 祭りくじ

 

しかし、ヒカルさんが検証対象にしたテキ屋に“出てるくじ全部買います!”と豪語したところ、店主は豹変し、ゴネ倒した挙句に逆ギレ…検証する以前に撮影はおろか、くじの購入まで断られるという結果に終わりました。

テキ屋店主に“店閉めに遅れたら迷惑料30万円よこせ”とも言われたらしい▼

ヒカル 祭りくじ

 

検証に失敗したヒカルさんは“祭りのくじは闇が深い”とした上で、来年必ずリベンジすることを約束し動画を締めました。

 

春祭りのくじ引きでリベンジ

夏祭りから半年強、2017年4月に投稿された動画「祭りくじで悪事を働く一部始終を完全公開」で、ヒカルさんはリベンジに挑みます。

 

まえっさん、名人、そしてすでにチャンネルを脱退した恭平さんをボディーガードに引き連れ、また現金300万円を用意して万全の状態で撮影に臨みました。

恭平さん懐かしい!(笑)▼

ヒカル 祭りくじ

この記事もチェック!

 

前回撮影を拒否されたという経験を活かし、春祭りでは最初から動画を回しておくという戦法で、波風立てることなく見事に第一関門突破。

相手に選択肢を与えないテレビ的戦法?(笑)▼

ヒカル 祭りくじ

 

あくまで自然に撮影を開始し、「Nintendo Switch」と「VR」獲得を目指し、くじを引いていくヒカルさん。

集まったギャラリーから声援も集まり、盛り上がりもMAXに!▼

ヒカル 祭りくじ

 

しかし、ヒカルさんの“当てるまで帰らへんからな”という発言に(当たりくじが入っていないことを明かされると)危機感を感じたのか、店番をしていたお兄さんが助っ人を呼んだらしく、店主のおじさんと祭りを仕切るおじさんの登場。

“当たり入ってる?”という質問に“少なくなったら足すだけやから”と店主▼

ヒカル 祭りくじ

 

助っ人おじさんも“お前らしょうもないことすな!”と威嚇▼

ヒカル 祭りくじ

 

しかし手を出そうとして即退場(笑)▼

ヒカル 祭りくじ

 

助っ人おじさん退場後も“15万円分買って一回も当たらないっておかしいでしょ!”とヒカルさんの追求は止まりませんでしたが、店主は“もう(当たりが)出てるかもしれへんから”と苦し紛れの言い訳。

 

らちがあかないと判断したヒカルさんは、すべてのくじを買い占めることなく“これが祭りくじの闇ですよ!みんな覚えといてくださいね!”と叫び撤退しました。

“汚い大人やで!”と捨て台詞も忘れず▼

ヒカル 祭りくじ

 

夏祭りの雪辱を果たすべく挑んだ春祭りですが、結果的に「祭りくじに当たりはない」とほぼ証明することができたであろう動画になりました。

 

祭りくじ動画の追求覚悟?

春祭りにて途中で撤退することになったヒカルさんですが、動画が各方面で拡散され、ツイッター急上昇ランキング1位、YouTube急上昇動画ランキング1位、そしてツイッターのフォロワー増加数も日本で1位というすさまじい反響がありました。

 

さらに翌日に投稿した動画「祭りくじ動画の今後について」では、動画を証拠映像として警察に持ち込む姿勢を見せ、これにはいち視聴者として胸が高まりました。

“徹底的にいく”とヒカルさん▼

ヒカル 祭りくじ

 

しかし期待したのもつかの間、動画の最後には編集時に後付けしたような形で、祭りくじ動画の今後について以下のようなアナウンスがなされました。

祭りくじ動画の追求は断念とのアナウンス▼

ヒカル 祭りくじ

 

これを最後に祭りくじに関する動画が投稿されることもなく、日本中の関心を集めた大事件は終息を迎えることとなりました。

スポンサーリンク

 

祭りくじ動画の追求断念の理由は?

当の本人を含め、視聴者の大半が不本意な形で終わりを迎えた当該動画ですが、やはり気になるのは「なぜ急に打ち切りになったのか…」ですよね。

 

ヒカルさんは“僕以外の人に何か起こってからでは遅いと思ったからです”と述べていますが、おそらくこれはヤクザが関与してくる可能性があることを暗に示しているのだと思います。

 

「テキ屋=ヤクザ」なのか?

そこで論点となるのは「テキ屋=ヤクザなのか?」についてですが、これに関して面白い記事(テキヤとヤクザは違うのか)があったので、その一部をご紹介します。

テキヤは「七割商人、三割ヤクザ」であるという。これは、反社会的組織の一員になっている者が三割という意味

引用:www.excite.co.jp

 

テキ屋のうち三割がヤクザだということですが、同記事によれば、残り七割の商人(非ヤクザ)であっても、そのほとんどがならず者のような気質を持ち合わせているそうです。

 

危害を加えられる可能性は十分にある

今回ヒカルさんの動画に出ていた方が「ヤクザ」であるのか「(ならず者気質の)商人」であるかは分かりかねますが、ヤクザだった場合には商売敵となるわけですから、ヒカルさんやその周りの方に手段を選ばずに危害を加える可能性は十分にありえたでしょう。

 

ヒカルさんが、ある意味ビッグチャンスであった「祭りくじ動画」を途中で打ち切りにしたのは、やはり「ヤクザ」という存在が脳裏をよぎったからなのでしょう。

 

逮捕案件になるのか?

祭りくじ動画は打ち切りになりましたが、仮にヒカルさんが警察に駆け込んでいた場合、「祭りくじの店主は逮捕されたのか?」についても気になるところですよね。

その点について、刑法上、民法上の観点からそれぞれ詳しく説明している記事(人気ゲーム機の「景品くじ」、露店で大量購入も当たらず…法的にどんな問題がある?)がありましたので、ご紹介します。

 

刑法上の観点では?

「仮に、『当たりくじ』が存在しないため、景品を渡すような事態が起こりえないことを知りながら、店先に景品を展示し、さも『当たりくじ』が出ればその表示にしたがって、景品を進呈するかのように装い、くじ(空くじ・ハズレ)を販売していた場合、刑法上、詐欺罪(刑法246条1項)にあたります。法定刑は『10年以下の懲役』です。

引用:www.bengo4.com

 

ふむふむ…なるほど。

上記の一文を読んだ限りでは、今回のケースで仮にヒカルさんが警察に駆け込んでいたとしても、祭りくじの店主に対して詐欺罪を立証するのは難しそうですね。

 

まず第一に「当たりが入っていないか確認出来ていない」ことが挙げられます。ヒカルさんは結局すべてのくじを開けることなく撤退してしまったので、「残りのくじに当たりが入っている可能性」を残してしまったのです。

 

次に「景品を渡すような事態が起こりえないことを知りながら」という部分の立証も難しそうです。祭りくじの店主はヒカルさんのどのような質問に対しても、知らぬ存ぜぬで通していましたよね。おそらくですが、ある程度は法のくぐり抜け方をふまえているのでしょう。

 

あくまで素人の意見ですが、今回のケースで詐欺罪に問いたいのであれば、くじを足される前に受け皿のくじを全開放し、その時点で当たりが確認できなければ弁護士なり警察なりを呼ぶ、というのが最適解だったような気がします。

どのみち、今回の動画証拠だけでは祭りくじの店主が逮捕されることはなかったと思います。

 

民法上の観点では?

「民法の観点から検討すると、『当たりくじ』があるものと誤信して、くじを購入したところ、空くじしか入っていなかったということであれば、客は、錯誤無効(民法95条)を主張して、全額の返金を求めることができます」

引用:www.bengo4.com

 

民法上においても、錯誤無効を主張することは難しいでしょうね。ヒカルさんがすべてのくじを引いて当たりが入っていないことを立証できれば全額返金を求めることもできたでしょうが、やはり途中で撤退してしまったことがネックになりそうです。

 

当たりは入っているのか元テキ屋に取材してみた

さて、今回の祭りくじ動画をふまえ、管理人はどうしても気になることがありました。

 

結局祭りくじに当たりは入っているのか

 

ヒカルさんの動画では、この疑問を解決してくれることはなかったので、もしかしたら読者様の中には私と同じような感想を抱いた方がいるかもしれません。

 

そこでどうにか真実を知る方法はないかとあれこれ考えていたのですが、非常にシンプルな方法がありました。。。テキ屋に聞く(笑)実は管理人の中学時代の同級生の先輩(遠い笑)に、「テキ屋をやっていた」という方がいたのでインタビューすることができました。

 

※以下はインタビューの様子です。(挨拶などの無駄な部分はカットしております)

 

テキ屋歴はどれぐらいですか?
今は定職に就いたからやってないけど、15歳ぐらいから手伝い始めて26歳までだから11年ぐらいかな。
何回ほど出店しましたか?
分からない(笑)でも50以上はやってると思うよ。
意外と少ないんですね(笑)ちなみに祭りくじで出店したことはありますか?
ないねー。飲食しかやったことない。
そうですか。。。
では見た限りでいいので、ズバリ祭りくじに当たりは入っていますか?
ないない(笑)当たりなんか入れてたら商売にならないよ。

小規模の祭りだったり、遅くから始まる祭りだと売上げが10万いかないなんてザラだからね。特に祭りくじなんて飲食より客入り悪いから全然儲からないと思うよ。

で、当たりは最新のゲーム機とかでしょ?ね?(笑)

あーなるほど(笑)当たり出してたら赤字もあり得ますね。
そうだね。しかも組合に会費払ったり、ショバ代払ったりで一回出店するにも結構金飛ぶからね。

当たりなんか絶対入ってないよ。そもそも空箱しか置いてないし(笑)

確かに(笑)ではすべてのくじを買い占めるみたいな人が現れたらどうするんですか?
んーー、俺が見た限りではそんな奴はいなかったけど、聞いた話では当たりくじは一応控えてる店もあるらしいよ。

で、やばくなったらこっそり入れるみたいな(笑)まぁ、ただの噂だけどね。

それなら誤魔化せそうですね(笑)

 

かなり割愛していますが、こんな感じのインタビューでした(笑)

やはり想像であれこれ考えるよりも、実際に聞いてみるものですね。

結論。

祭りくじに当たりは入ってない!(らしい)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

祭りくじ動画からある程度経った今だからこそ書ける記事であったとも思うので、ご満足いただけていれば幸いです。

祭りくじには当たりは入っていない(らしい)ので、祭りの雰囲気を楽しむ目的でほどほどに遊びましょう(笑)

スポンサーリンク




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の、顔出し声出し無しで、YouTubeで月5〜30万円を稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルのデータも公開し、再生数を劇的に上げた「あるテクニック」も紹介していますので興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出し無しでYouTubeで月5〜30万円を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

あなたにオススメの記事はこちら


3 Responses to “ヒカルの祭りくじ動画は逮捕案件!?元テキ屋にもインタビューしてみた!”

  1. 名無しようつべさん より:

    管理人さん、ツイートしようにもURL載りませんよ!修正お願いします

コメントを残す

このページの先頭へ