ヒカルがヤフオク詐欺の被害に遭うも「自作自演」の疑いが急浮上!

ヒカル ヤフオク

 

ヒカルさんがヤフオクにて詐欺にあった件について、当人は100万円をかけて落札したと話していますが、出品者がネット民により特定され、出品者情報からヒカルさんが話す内容との相違点があることが判明しました。一部のリスナーからは「自作自演なのでは?」の声もあがっています。

スポンサーリンク


 

出品者が判明するが、アカ消しで逃亡済み

まずは出品者についてですが、100万円以上という極めて稀な価格で販売に成功したことから、ネット民によって容易に特定されました。

出品者は「greenghana28」という人物▼(クリックで拡大)

ヒカル ヤフオク

 

ヒカルさんの元に届いたダンボールと同じであること、そして出品物の説明文がヒカルさんが話していた内容とほぼ一致していることから、この出品者でまず間違いないと思われます。

出品者が掲載していたダンボールの画像▼

ヒカル ヤフオク

 

ヒカルさんの元に届いたダンボール▼

ヒカル ヤフオク

 

出品物の説明文▼

トレカ店舗閉店につき、在庫商品の出品です

新品商材と中古商材の詰め合わせです(遊戯王8~9割、その他ヴァンガードやWIXOSSなど)
参考までに、販売価格で新品商材約70万円分、中古商品約100万円分ほどの在庫です
上記の通り遊戯王の中古商材が中心となります
スーパーレア以上の光っているカードが約10000枚以上、ノーマルカード約50000枚以上
第一期~第九期までのカードが中心です
各種サプライ品も新品中古で複数入っております
新品商材は未開封のパックが大多数です

 

上記のことから、出品者はこの「greenghana28」という人物で間違いないと思われますが、ヒカルさんに販売したのと同時期にアカウントを削除し、すでに逃亡した模様です。

 

ヒカルの発言との相違点から自作自演を疑う声

ヒカルさんの動画を見ていても、詐欺行為をはたらくための出品だったと思われるので、自身が損をしただけに終わりましたが、出品者の詳しく情報を見ていると、ヒカルさんが話している内容と一つだけ大きな相違点があることが分かりました。

 

ヒカルさんは動画を通して、「高評価が200以上あって信頼できそうな出品者だから入札した」と話していましたが、実際には出品者への評価は5件。

 

ヒカル ヤフオク

 

つまり、ヒカルさんは評価の少ない出品者に対し、100万円という金額を入札したことになります。ヤフオクユーザーなら誰もが知っていることですが、評価の少ない出品者に対し高額の入札をするのはかなりリスキーです。

 

これを受けてネット上では、「自作自演なのではないか?」との声が高まっています。

・そんな間にまーたしれっとヒカルが自作自演したんじゃないかって炎上してるの草生える

・今日のカルの動画自作自演説ない?www

・ヒカルの自作自演か業者とグルなんじゃねえの?

 

管理人個人の意見ですが、ヒカルさんの発言に何らかの嘘があることは明らかですが、「さすがにここまで手の込んだ自作自演をするのかな?」といった印象ですね。

スポンサーリンク




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の、顔出し声出し無しで、YouTubeで月10万円を稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルのデータも公開していますので興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出し無しでYouTubeで月10万円を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

よく読まれている記事はこちら!


あなたにオススメの記事はこちら!

2 Responses to “ヒカルがヤフオク詐欺の被害に遭うも「自作自演」の疑いが急浮上!”

  1. 名無しようつべさん より:

    確かに私もヤフオクで確認しましたら、評価低い出品者でした。(現在は削除済みアカウント)
    ただ、質問欄に「以前にも同じものが出品されていましたが、」というような質問がありました。
    それに対する答えは「いたずら入札で、」のような感じでした。
    これは推測ですが、あるアカウントで最初に出品→アカウントを消す→別のアカウントで出品
    という可能性もあるかと思います。
    ヒカルの自作自演と決めつけるのはどうなのかな?と。
    第一、あんなゴミみたいなものを集めまくって箱に詰めたりするなんて、半端無い労力。
    動画にすれば、確かに広告収入はかなり得られるとは思いますが、労力と引き換えにするほど長続きするネタでは無いと思います。
    それに、彼は一時期収益は落ち込んだとはいえ、懐には余裕はある。
    わざわざ、ヤフオクを使ってこんな自作自演はしないと思います。
    もし、自演があるとすれば…
    ヤフオクの運営側からの企業案件の可能性はあるかと。
    ヤフオクで、こういった詐欺まがいな事案が多く発生しているのは事実。
    運営側としても対処しきれない問題だけに、発信力のあるYouTuberであるヒカルに依頼した、ということは考えられます。

    • 名無しようつべさん より:

      >これは推測ですが、あるアカウントで最初に出品→アカウントを消す→別のアカウントで出品
      という可能性もあるかと思います。

      なぜアカウントを消したのか、なぜ別のアカウントで出品したのか、なぜ評価が本人が言っていることと乖離しているのか。

コメントを残す

このページの先頭へ