『へぇ〜私もやってみよ!』をコンセプトに動画投稿をしているMasuoTVのマスオをご存知でしょうか?チャンネル概要欄には「あなたと一緒に遊んでくれる優しいお兄さんを目指します!」と大分イタいことが書いてありますが、本当にそんな感じですよね笑。(歌のお兄さん的な?)

MasuoTV(マスオ)

 

そんなマスオですが、ヒカキンとは保育園から小中高と同じ学校に通って居た幼馴染なんですね。今回はそこら辺の詳しい関係性や、マスオの本名など、YouTuberマスオについて詳しく解明していきたいと思います。

スポンサーリンク

マスオ プロフィール

 

マスオ プロフィール

本名:後述
ニックネーム:MasuoTV,マスオ
生年月日:1989年10月29日(現25歳)
出身:新潟県
身長:174.2㎝
体重:65.5kg
血液型:A型
最終学歴:新潟県立新井高等学校(大学、または専門学校への進学は不明)
職業:YouTuber,(元?)マッサージ師
所属:uuum株式会社
チャンネル登録者数:約70万人(2015/2/21時点)
総再生回数:約2億回

メインチャンネル(MasuoTV)
サブチャンネル(MasuoGames)

Twitter
facebook
Google+

 

 

マスオの本名は?

 

色々と調べてみたのですが、マスオ本人が本名を公開しているという情報は一切ありませんでした。ただ、ネット上に情報がいくつかあったんですね。その情報をできる限り裏付けしていきたいと思います。

 

SAKURAに本名が?

 

ヒカキンが現在も運用しているチャンネルと言えば、「HikakinTV」「HIKAKIN」「HikakinGames」「HikakinBlog」ですが、実は2011年1月31日に作成された「HIKAKIN BEATBOX TV 2」というチャンネルもあるんですね。

現在は全く更新されていないようですが、このチャンネルに投稿された動画の一つに「SAKURA」というものがあります。

この動画の説明欄の箇所に以下のような記述があるんですね↓(赤枠に注目!)

マスオ 本名

 

Masao Miyamotoとあり、その横にa friend from childhood(幼馴染)と記述してあります。

幼馴染の宮本マサオ?

ヒカキンとマスオは保育園の頃からの幼馴染なので、「マスオっぽい」ですよね。ただ、これだけでマスオの本名は「宮本マサオだ!」と決めつけるのは流石に無理があるので、この情報をもとにもう少し調べてみました。

それから5分も経たないうちに決定的な証拠が見つかりました笑。

それが以下の動画↓

 

動画内で「SAKURAの作詞作曲は自分がした」と言っています。そこで先ほどのSAKURA説明欄を再度見てみます↓

マスオ 本名

 

Music&Lyric(作詞作曲)がMasao Miyamotoになっていますね。つまり、マスオとMasao Miyamotoが同一人物であることが分かっていただけたかと思います。

ちなみに動画でも言っていましたが、この「SAKURA」という曲、iTunesで購入することができるらしいので、気になった方はチェックしてみて下さい。

iTunes「SAKURA-Single」

ギターのコード譜

 

モザイクからはみ出る「宮」の字

 

これはネット上に出回っている情報ですが、「マスオの姉!ついに婚姻届を書く!」という動画を0.25倍の速度、MAX高画質で見ると名前の欄に「宮」の字が見えるというものです。

実際にやってみました↓

マスオ 本名

 

、、、、「宮」っぽいですねーってだけです笑。

まぁ先ほどマスオとMasao Miyamotoが同一人物だと判明したので、十中八九「宮」で間違いないと思いますが。

 

こぐれんが「マサオ」と連呼する動画があった!

 

2014年6月23日に公開された動画で、マスオの友人でもある「こぐれん」がマスオにドッキリを仕掛けるという内容なのですが、素が出てしまったのか動画内でもマスオのことを「マサオ」と連呼しているんですね。

それが以下の動画↓

 

一回だけの呼び間違えなら、噛んだりミスで言い訳がきくと思いますが、何度も「マサオ」と言っているのでおそらくいつも通りにマスオのことを呼んでしまっているのでしょう。

 

以上、三つの要因からマスオの本名は「宮本マサオ」でほぼ間違いないと言えるかと思います。ちなみに漢字は不明です。

[googlead]

マスオとヒカキンの関係は?

 

マスオとヒカキンが幼馴染であり、保育園、小中高と同じ学校で尚且つ上京してからも家が近かったということは知っている方も多いのではないかと思います。

もともとマスオは自身のチャンネルを持たず、始めはヒカキンの動画に出演していました。出演する中でコメントでのマスオの評価が高く、「もっと出演させて欲しい」との声が多数寄せられていたそうです。

【ヒカキンの動画に出演していた頃のマスオ】

 

そして、コメント欄に後押しされたのか、ヒカキンの「もう、YouTubeアカウント作っちゃえば?」という問いかけに即答で「作りマーーース」と答えたことで現在のMasuoTVができたようです。

【MasuoTV始動】

 

ヒカキン恐るべしで、過去を振り返ってみればセイキン然り、マスオと言いビーグネームのYouTuberを数名排出しているんですね笑。

さて、そんな二人ですが、以前投稿された動画「高校時代のマスオを暴露!」「ヒカキンはどんな高校生だったか?」「Masuoが語る、Hikakinの昔話」などでお互いが過去にどのような人物だったのか暴露していました。

その模様を以下にまとめておきます。

 

マスオから見たヒカキンはどのような人物?

 

【ヒカキンとの一番の思い出は?】

小学校の時が一番面白かった。ブランコに乗りながらサンダルを飛ばしたり、自作の弓矢を作ったり、石集めのために色んなところに行ったり、顕微鏡遊びをしたり、蜂の巣を作ったり、落とし穴を作ったり、、、基本的に「ワイルドだろぉぉぉ〜」ってことしかしていなかった。

強いて言うなら「クソガキ」か「ワルガキ」に分類されるような遊びばかりしていたかな笑。

 

【ヒカキンとの高校時代の思い出は?】

あまり思い出せないけど、写真が思い出。例えば、授業の時に屋上に出る機会があったんだけどその時に撮った写真がこれ↓

スクリーンショット 2015-02-21 21.29.46

そしてこれ↓(右上がヒカキン、左下がマスオ)

スクリーンショット 2015-02-21 21.31.24

当時、マスオはバスケ部のキャプテン、ヒカキンはスキージャンプ部だったけどヒカキンの方が全然筋肉があってバキバキだった。

 

【学生の時、ヒカキンにボイパを聞かされましたか?】

結構聞いていた。トイレでも普通にボイパをしていたし、カラオケに行った時もボイパばかりしていた↓

スクリーンショット 2015-02-21 21.35.42

みんなで「おおぉー」と感嘆の声を上げていた記憶がある。そして一番すごいと思ったのがこれ↓

スクリーンショット 2015-02-21 21.37.06

ヒカキンからもらった自作のCD。「いつかレアになったりしてねー」なんて話していたのが今では現実になりつつあるね。

 

【上京してからの二人は?】

幼馴染で集まって飲んだり↓

スクリーンショット 2015-02-21 21.41.08

地元の友達で集まって飲んだりしていた↓

スクリーンショット 2015-02-21 21.41.27

 

【ヒカキンとのコラボ動画について】

動画を撮っているというよりは、保育園からの幼馴染のノリで遊んでいるという感覚。

 

【マスオから見た学生時代のヒカキンを一言で!】

究極にマッチョだった。

 

ヒカキンから見たマスオはどのような人物?

 

※以下はヒカキンとマスオの高校時代の友人(揚子江くん,飯田くん)の意見も含みます

【高校時代のマスオはどんな感じ?】

(飯田くんより)

バスケ部のキャプテンでいつも同じ服を着ていた↓

スクリーンショット 2015-02-21 21.57.21

 

(揚子江くんより)

リーダー的存在。

学年でトップを争う美女と付き合うような、俗に言うイケてるタイプ。後輩からもキャーキャー言われていた。

 

(ヒカキンより)

爽やかに汗をかいてイケてるやつ!

全てにおいてイケてた。勉強はできるし、部活もキャプテンだし、モテていた。中学は60人しかいない学校だったのでモテていたのはしかたがないけど、高校に入れば人数も圧倒的に増えるので流石にモテないだろうと思っていたけど、高校に入学した途端、1,2を争う可愛い子と付き合っていた。そのあとできた彼女も全員可愛かった。

成績も良かったし、部活もキャプテンだったから茶髪とかにしていても先生から注意されなかった。

 

以上になります。なんだか二人の高校時代が見えてきましたね。
最近ヒカキンがやけにダイエットしようとしているのも、高校時代の友人やマスオと集まって話すうちに火がついたのではないでしょうか笑。

マスオさんが「リーダー的存在でモテていた」というのはなんとなく想像がつきます。高校時代はああいうタイプは人気ですからねー。まぁ大体、大学で淘汰されますがwww

 

いかがだったでしょうか?
MasuoTV(マスオ)のプロフィール本名、そしてヒカキンとの関係について記事にしましたが、書いている管理人自身が楽しくなってしまいました笑。

マスオとヒカキンは思っていたよりも深い仲だったんですねー。というところで終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。