シバターがアカウント停止された理由とは?

今月12日、午前9時頃にシバターのメインアカウント「PROWRESTLING SHIBATAR ZZ」がアカウント停止処分にあったようでした。

シバター アカウント停止

 

当初のシバターによれば、アカウント停止処分を受けた理由は検討もつかないようで、アカウント復旧に向けて奔走。ツイキャスでは、「全力を尽くしてもアカウントが復旧しない場合は、YouTube自体を辞めることも考えなければならない」と非常に困惑した様子でした。

現在は無事復旧したようで管理人としてもホッとしておりますが、なぜこのようなことが起こってしまったのか、今回の事件が起こった理由などを考察していきたいと思います。

【アカウント停止、報告動画】

【アカウント復旧、報告動画】

スポンサーリンク

シバター、アカウント停止の理由は?

 

シバターが動画内で言っていたように、3回規約違反をするとアカウント停止になるというのは有名な話で、いきなりアカウント停止というのはなかなか珍しいことかと思います。

ただし、シバターブチ切れ!アフィを剥がされた理由とは?でも話したように、Googleは非常に確固とした理念のもと、Googleが提供するサービスにユーザーが満足するように努めています。

言い換えれば、少しでもサービスの健全性やユーザビリティを損なうコンテンツが存在すれば、容赦なく今回のシバターのようにアカウント停止処分やペナルティといった措置が取られることもあるんですね。

 

管理人の知り合いにも、特に明確な理由も告げられずにGoogleアドセンスの設置権利を剥奪されたり、ペナルティを受けたりした方は何人もいます。

しかし、必ず理由が存在し、俗に言う『誤BAN』といったことはほとんど考えられません。なぜなら、Googleのシステムは誰もが想像しているよりもはるかに高いレベルで構築されており、時には自動で、時には手動で様々なコンテンツが管理されています。

そのレベルというのは、間違いなく世界トップクラスで、例えば「ゲーム内で誤BANされたー」なんて状況とはわけが違うんですね。

Googleの管理下にあるYouTubeも当然、上記のような理念やシステムのもとに運営されているわけですから誤BANを疑う前に利用規約やコミュニティガイドラインをよく研究し、自分のコンテンツを見直すべきなのです。(ただし、利用規約やガイドラインは非常に曖昧な表現が多い)

 

さて、肝心のシバターがアカウント停止処分を受けた原因についてですが、本人は「全く心当たりもないし、規約違反もしていない」と言っていました。しかし、アカウント停止処分を受けても文句は言えないなというコンテンツもシバターの動画にはあります。

例えば、こちらのコミュニティガイドラインをみてください。

重要なのは「敬意」です。YouTube は、他の人たちに敬意を払いながら情報を共有、交換するためのコミュニティです。ご自分の動画やコメントがガイドラインに違反しているかどうかを判断できない場合は、「他人に面と向かって言わないことは YouTube でも言わない」という単純な法則に従ってください。攻撃、嫌がらせ、侮辱、なりすましなどで他人を困らせたい方の YouTube のご利用はご遠慮願います。

出典:YouTube コミュニティ ガイドライン

 

このガイドラインで言えば、シバターは間違いなく理念に背いたコンテンツ作成をしています。あくまで一例ですが、これだけでもアカウント停止処分を受ける可能性は十分にあるんですね。

 

ただし、今回のシバターのケースではGoogleから直接「◯◯の動画が違反している」との通達が来たそうで、どうやら以前投稿した一つの動画がアカウント停止の原因のようでした。

【問題の動画】

 

シバターは動画内で誤BANだと言っていますが、Googleはギャ◯ブル関連のコンテンツには非常に厳しいです。なので、誤BANとまでは言い切れないんですね。

この動画内で言っていたギャ◯ブル関連の動画がアカウント停止処分を受けた理由として有力でしたが、この動画投稿後にシバターのツイッターから気になる投稿が、、、

シバター アカウント停止

 

まだシバターから公表はされていませんが、気になるところですね。

他にも、シバターの誹謗中傷動画などをYouTubeから排除するために、同士を募って運営にアカウント停止を訴える集団も数多くあるようなので、それらが影響していた可能性もあります。

 

まぁ、理由は何にせよ「火の無い所に煙は立たぬ」でGoogleのミスなどを疑うよりも自分のコンテンツを見直すことが最重要事項だと思います。

ただし、あまりこういうことが起こると誰もがびくびくして、テレビのようにつまらない媒体に退化していくことは必至でしょう。管理人個人の意見としてはシバターのようなYouTuberは非常に貴重で、むしろ守るべき存在のような気がしますが、、、、


シバター、ツイキャスで涙

 

この件に際して、生活がかかっている為か、あらゆる筋を使ってアカウント復旧に努めていたシバター。今でこそアカウントの復旧が行われてホッとしているかと思いますが、停止中は気が気でない様子で、ツイキャス内で不安な心境を吐露するとともに涙する場面も。。。(35:00〜)

 

確かに、度が過ぎる誹謗中傷は目に余る時もありましたが、シバターの「俺は俺なりに必死でやってきたんだよ」という言葉には重みを感じました。

なぜならYouTuberという「職業」は決して楽なものではないからです。本当にごく一部の精鋭だけがまともに飯を食っていける程度で、その他大勢はこずかい稼ぎにもならないほどですからね。

妬み嫉みが大好きな日本人にとってYouTuberという存在は格好の批判対象になりますが、価値を提供しているからお金が貰える訳で、月収10万なのであれば10万の価値を誰かに与えている、月収100万円であれば100万円の価値を誰かに与えている、極論を言うとそれに終始するかと思います。

 

今回の事件でシバターの動画は今後、多少は萎縮した内容になるかと思いますが、これからも「シバター節」を貫いて欲しいですね。

 

PS.

シバターがアカウント停止されてネット界が騒然としている中、管理人は呑気に草津の温泉に入っていました。。。。完全に乗り遅れたのはこのせいです。

スポンサーリンク




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の顔出し声出し無しで月5〜30万円YouTuberとして稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルも紹介しているので、興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出しなしでYouTubeで月5〜30万を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

19 Responses to “シバターがアカウント停止された理由とは?”

  1. 名無しようつべさん より:

    シバターはシロアより嫌いだわ。
    さっさと消えてほしいわこのクズは

  2. 名無しようつべさん より:

    >こずかい
    今時小学生でもしない誤字恥ずかしくないの?

コメントを残す

このページの先頭へ