シバターブチ切れ!アフィを剥がされた理由とは?

先月31日にシバターのメインチャンネルから投稿された「イ◯ラム国」に対して物申していた動画が再生回数200万弱を稼いでいるにもかかわらずアフィを剥がされたとして「1日で200万再生された動画のアフィが剥がされた!ふざけんな!!」という抗議の動画を投稿しました。

シバター アフィ

 

この件に関して、「YouTubeが厳しいのではないか?」「シバターだから?」などと疑問を持っている方もいるかと思いますが、シバターが出した動画はアフィを剥がされるどころか、削除されていないのが不自然なレベルです笑。

まぁそういったことも含め、YouTubeのアフィリエイトシステム(アドセンス)について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンスとは?

 

アドセンスとはGoogleが提供する広告配信プログラムで、コンテンツに合った広告が自動で配信されるのが特長です。YouTubeで収益を上げるには、このアドセンスを使用する必要があるのですが、広告主の支払っている額やクリック率、そして購入率などさまざまな要素が絡みあって報酬が決定されています。

その結果YouTubeでは1再生で0.1円という通念がありますが、別にこれは決まっているわけではなく、YouTube報酬の激減理由とは?でも解説しているように急に下がったり上がったりすることも十分に考えられるわけです。

スポンサーリンク

シバターはなぜアフィを剥がされた?

シバター アフィ 

で、肝心のシバターがアフィを剥がされた理由ですが、アドセンスの規約によるものです。

アドセンスはYouTubeで使用するほか、ブログでも広告を貼ることができますが、規約がぶっちぎりで厳しい笑。YouTubeのように言動で情報を発信するのとは異なり、文章と画像(動画含む)のみで情報を発信するブログではYouTubeの数倍は規約にひっかかりやすくなっています。

そのため、ブロガーはアドセンスの規約を熟読している人が多く、急にアカウントが停止されたり広告が表示されないといった事態を避けるためにほとんどの場合で規約に則っています。

しかし、YouTuberの場合は動画という媒体で情報を発信するため、運営側も違反を見つけにくくなっています。なのでペナルティを受ける機会が少なく、同時に規約を熟読している人も少ないのではないかと感じています。

特に小・中学生なんか絶対読んでないですし笑。

 

さて、どれほど規約が厳しいのかという話ですが、正直ありすぎて羅列するのもめんどくさい。。。笑

というわけで気になる人は禁止コンテンツ-AdSenseヘルプを見てみるといいかもしれません。見てくださった方は分かるかと思いますが、多くのYouTuberが違反しまくっているんですね。

今回のシバターの件も当然、規約違反ですし投稿動画の話題がリアルタイムだったために余計厳しかったのでしょう。

なので、YouTubeやアドセンスのせいではなく、もともと規約違反なのでいつ削除されたりアフィをはがされたりしてもおかしくなかった訳です。

スポンサーリンク




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の、顔出し声出し無しで、YouTubeで月10万円を稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルのデータも公開していますので興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出し無しでYouTubeで月10万円を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

よく読まれている記事はこちら!


あなたにオススメの記事はこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ