東海オンエア、シバターと決闘!?泥沼の煽り合いの結末は!

東海オンエアのてつやが先日投稿した動画に炎上商法で有名なシバターを挑発する内容の場面が映されていました。これに対し、シバターは「喧嘩上等!いつでもやってやんよ」などと挑発に完全に乗る姿勢。

東海オンエアVSシバター

 

大分雲行きが怪しくなってきたので、今回はことの発端を含め、今後の東海オンエアVSシバターについて考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

東海オンエアの室内での焼き芋動画にシバター痛烈批判!

 

そもそもなぜこのような事態になったのか、その原因となる事件から紹介していきたいと思います。

2014年11月に東海オンエアによって投稿された弟の部屋で焼き芋を焼くという動画。

【焼き芋動画】

※動画は削除される可能性があります

 

確かに、火は予想もつかない動きをすることから室内での焚き火は非常に危険な行為でした。管理人自身も動画をリアルタイムで見ていたのですが、正直な感想は焼き芋だけに「炎上しそうだなー」というもの。

案の定、批判の意見が多く寄せられ、さらに一番めんどうくさい人物「シバター」が当該動画に対して痛烈に批判する動画をすかさず投稿。

【批判動画】

 

この動画を見てさすがに危機感を感じたのか、東海オンエアはツイッター上で謝罪したのち、動画を削除しました。

 

釈明としては、ネタに行き詰まり、過激な動画に走ってしまったというものでした。その後にシバターによる「完全勝利のお知らせ」という煽りを含めた動画が投稿されましたが、そこらへんはあまりに幼稚な為、割愛させていただきます。(本人は意図的にそのような動画にしていますが)

 

東海オンエア、はらわた煮えくり返っていた!

 

シバターの批判を聞いてかどうかは分かりませんが、一般視聴者からすれば「シバターに言われたから東海オンエアは動画を消した」という構図で収束する形になったこの事件。 あれから約3ヶ月ほどたちますが、東海オンエアが思わぬ形でシバターを挑発する動画を投稿しました。動画は「最新のプリクラ機器を使用すれば、ブサイクなシバターも可愛くなるのか?」という内容。

【シバター挑発動画】

 

シバターの性格や動画配信スタイルを考えれば、確実に揉め事になることは予想がつくはずなので、明らかに挑発する動画内容でした。わざわざ仕返しのような動画を投稿した東海オンエアは、以前のシバターの煽りに関して相当腹が立っていたのでしょう。

 ※2015/01/15追記

東海オンエアから投稿された最新動画の1:48あたりからシバターが「シバターレビュー」を行う際に使われる音源の類似音の使用、そしてアプリを消されるというシバターの鉄板パターンを模していることから挑発しているのは明らかですね。2日連続ですし。

 

 

シバター喧嘩上等宣言!!

 

まぁ当然といえば当然なのですが、東海オンエアの挑発に対してシバターはノリノリです。このような再生回数を稼げるであろう状況においてはハイエナのような嗅覚を持つ人間なので笑。

「喧嘩上等!ただし、殴り合いをすれば決闘罪に処せられるので、リングの上でやりあおうや!(ルールは東海オンエアが決め、さらに複数人VSシバターでいいよ!)」という格闘家の端くれにも置けないふざけた提案をしました。(さすがに本気では言っていないと思いますが)

【喧嘩上等宣言の動画】

 

東海オンエアがこれに対し、全く無視するのかアンサーを返すのか楽しみですが、兎にも角にも格闘家が一般人とリングの上で戦うなんてことは絶対に許されることではありません。当然シバターの一方的な暴力で終わるでしょうから。

そこで、管理人の勝手な提案(妄想)ですが、せっかくYouTuber同士なわけですからお互いに動画の投稿日を決めて、どちらが再生回数を稼げる動画を作成できるかで勝負したらいいのではないでしょうか?

お互いに再生回数も稼げるだろうし、視聴者としても盛り上がるので「あり」だと思いますが笑。まぁあくまで妄想です笑

スポンサーリンク




あなたもYouTuberのように稼いでみませんか?

現在当サイト管理人も実践中の、顔出し声出し無しで、YouTubeで月10万円を稼ぐ方法を紹介しています。

実際に私が運営しているチャンネルのデータも公開していますので興味があれば是非チェックしてみてくださいね^^

顔出し声出し無しでYouTubeで月10万円を無料で稼ぐ方法


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

あなたにオススメの記事はこちら


35 Responses to “東海オンエア、シバターと決闘!?泥沼の煽り合いの結末は!”

  1. 名無しようつべさん より:

    シバターって誰

コメントを残す

このページの先頭へ