桜井野の花 新型コロナウィルスでキャバクラ自粛?「心中するのと一緒」と悲痛!

2020年4月3日、キャバクラを経営し自身もキャバクラ譲として働いているYouTuber桜井野の花が「新型ウィルスに対する経営者としての今の私の気持ち【緊急会見】」と言う動画をアップしました。今回はこのニュースをお届けしていきます。

桜井野の花が新型コロナウィルスで窮地に!

2020年4月3日に桜井野の花が「新型ウィルスに対する経営者としての今の私の気持ち【緊急会見】」として動画を投稿しました。
今回、桜井の花は昨今の新型コロナウィルスの騒動によって、営業自粛をするべきか、営業を続けるべきかを悩んでいるとして話を始めました。ですが、方向性としては営業を続けていくと言う気持ちを持っているようです。
新型コロナウィルスの感染拡大を受け、東京都の小池都知事は緊急記者会見で不要不急の外出は控えること、バーやクラブなどでの感染が拡大していることでこれらの営業自粛を求めました。
しかし、桜井野の花は営業をストップすれば従業員の生活、自分の生活、自分の家族の生活が破綻してしまう。これらを守るためにも営業継続は苦渋の決断だったと言います。
しかも、今年の2月に事業拡大のために4つの店舗を購入しており、4月のこの時期に同時にオープンする予定だったと話し、これで持ち金がほぼなくなったとも話しています。
自分では分刻みで気持ちが揺れてるものの、いっそのこと国から禁止令などが出てくれれば・・・と話し、自粛はやるやらないの選択肢が自分で取れる状況なので、私は店を閉めると言う決断をすることが凄く難しくて、何が正解だか判らないと苦しんでいる現状に理解を求めます。
ですが、コメント欄を見ても判る通り、営業継続を善しとする人はほぼいません。世の中全てがこうした苦渋の決断をしている中で、感染拡大に繋がることをするのはいかがなものかと厳しい見方がほとんどです。
感染者は4月5日現在も減る様子はなく、東京都では最早日々100人前後の感染者が増えている状態です。下火になったと言うのならともかく、増え続けている中での営業は無謀としか言えません。自分自身も自分の家族も、キャバ嬢やその家族などにもリスクを負わせるのは経営者の判断としてはあまりに身勝手だとしか言えないでしょう。

では、この動画のコメントではどんな声が上がっているでしょうか。

従業員からその家族に感染することの可能性も十分に考えられます。職を失うと分かった時、アメリカも皆パニックになりました。しかし今はそんなことより自分と家族の命を守ることに必死です。お金は後からどうにかなっても、命はどうにかなりません。感染しなくて良かったと、後で感謝される時があるかもしれません。
感染にかかるリスクを背負いながら感染患者と接している医療従事者として本当に不愉快です。保証、保証求めますが貴方をはじめとした自己利益を求める人達の行動によって感染拡大しているのは事実です。身勝手な行動で感染しても入院費は国のお金で無料です。自分達で貰えるかもしれなかったお金を入院費で占領して、マスコミの表面上の情報だけで政府の対策知った気になって文句ばっかり皆何言ってんだと正直思います。
目先のお金、目先のことしか考えられないよーじゃ経営者って名乗らないでほしい。経営者であるののかさんのこと好きやったけど、今回のコロナへの判断は間違ってるしそれを世間の人らに聞いてもらうことから場違い。多分世間みんな呆れてますよ。見てるこっちが恥ずかしいし情けないからこういう投稿やめてください。みんなの命を奪わないで。 この状況で、なぜ自粛に踏み切れない?命より大切なものなんて絶対にない。「従業員と家族を守る」とおっしゃいますが、オーナーとして、お店を閉めて、ののかさんを初め、従業員、お客様から感染者を出さないことが、最終的にののかさんが大切な人たちを守ることになると思う。お金も大事だけど、命があればなんとかなるって!
ののかさん、、大好きだけど今回は自粛しましょう。給料下がって、いつ仕事がなくなるのか、毎日わたしも悩んでますでも早くコロナを終息させてまた働く事が1番です。とにかくこんな時期に呑みに行く奴らも狂ってるけどもっと、キャバクラのせいだ!とこのままだと言われてしまいます。とにかく早く自粛しないと、ニューヨークのように死体でいっぱいになります
だから、水商売はって言われる。やはり底辺の集まり、税金も払わない、散財し、緊急事態の時も自分の事ばかり。で、助けてほしいときだけ権利を振りかざす。ののかさん好きでしたが、幻滅しました。潔く休業した店との格の差!歌舞伎町で一番だっていわないでほしい。ののかさんではなく、キャバや風俗嬢で国の保障!助けてくれない!生活できないと喚く奴ら、全員ではないが、今まで散財し先を考えず、貯金もせずに生きてきた自分の責任だろと言いたい。
歌舞伎町○ヶ月ナンバーワン!整形費用◯千万!お金持ってます儲かってますアピールばっかりしてたのに、数週間お店閉めるお金も決断力もない。てかこの人とこのお店はそんなに人気だったのだろうか?他のキャバ嬢が派手なことしてるから見栄っ張って頑張ってたのかな?とにかく一刻も早く営業をやめないと、今自粛している人達の頑張りが全て水の泡になる。こんな店があるから、東京はこれからも感染が拡大していく。
なんか国が緊急事態宣言出さないから悪いって言ってる人よくいるけど、なんでも国の責任にするのおかしいやろ。個々がしっかり現状理解してたら、今どうするべきか判断できる事だと思いますが。自粛って言葉の意味わかってる?都合が悪くなったら人のせい国のせい。言葉の意味も理解せず、ろくに自己判断もできない奴が偉そうに国を語るな。
心中と仰いますけど、貴方よりもっと苦しい生活を強いられている方はたくさんいます。家賃の高いマンションに住み、高価なブランドのアクセサリーやバッグに洋服。贅沢な暮らしをしている貴方が心中と言っても説得力が全くありません。本当に苦しいなら物件を解約する、安いマンションに引っ越す、ブランド品を売却するなど出来ることはたくさんあるはずです。やれる事を全てやって、それでも手が回らなくなって初めて本当に生活が苦しい、心中も考えるレベルだと言えると思います。結局厳しいと言っていても自分の生活水準は落としたくないのでしょう。それで軽々しく心中だのと言わないでほしいです。
原稿見ながらですね。神妙な顔しながらだけど、普段からお金しか考えてないですよね。従業員の生活とか言って自分の店舗の維持費などの為ですよね。いつも、ブランド品やホストクラブや整形にお金を使っていましたよね。ただ、今はそんな事より周りに迷惑をかけずに自粛するしかないです。キャバクラ は無くても皆生活できます。休んでください。

コメントでは、ほぼ全部が桜井野の花の経営者として資質や現状を判っていないと言う批判でした。自分達だけならまだしも、営業を続けることでキャバ嬢や客の周囲に感染の危険が及ぶのを判っていないのではないかと言うものでした。

また、従業員の生活を守りたいなら、現在自分が持っている高価な物を売ってから言えと言う声も非常に多かったようです。

まとめ

2020年4月3日、キャバクラを経営し自身もキャバクラ譲として働いているYouTuber桜井野の花が「新型ウィルスに対する経営者としての今の私の気持ち【緊急会見】」と言う動画をアップしました。今回はこのニュースをお届けしました。

店を閉めることは出来ないとし、自粛を求める声を無視してキャバクラの営業を継続しようとしている桜井野の花ですが、すっかり批判の嵐にさらされています。営業継続で自身の店から感染者を出せば、それこそ強制的に営業を禁止されてしまうでしょう。

このまま、多くの視聴者の声を無視してえいぎょうを継続するのか、色々な声を聞き考え直すのか、桜井野の花の決断に注目しておきたいところです。


記事をシェア!

はてブする Google+で共有

よく読まれている記事はこちら!


あなたにオススメの記事はこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ

テキストのコピーはできません。